*

もやし炒めをひげ根の処理して作る!そう、10円見つけたからね

公開日: : 料理

袋
皆さんは頻繁に食べていますか?

そもそも“非常に安い”食材ですから、私は結構お世話になっております。

私の最も好きなもやし料理。

そうそれは、『もやし炒め』です。

炒めたもやしに溶き卵を絡めて醤油で味付けするのですが、それぞれとの相性が良くて美味しい。

また、価格としては卵一個20円(場合によっては二個使用)で、もやし半袋20円ほど。

私のよく行くスーパーでは幾つか種類がある中で、もやし一袋の最安値は18円。

なので、一食分30~50円で作ることが出来て何より美味しく食べられますから家計的にも節約出来て大変助かります。

お値段以外のポイントでは「栄養」。

もやしって直ぐ駄目になるじゃないですかぁ。
ソレってイコール栄養が豊富という証拠らしいです。

イメージ的に言うと、袋詰めされても“まだ成長し続ける”位の元気がある食材みたいですね。

もやし炒め

代表的な節約料理『もやし炒め』。

レシピと言うと大袈裟ですが。

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • もやし1袋
  • 2個
  • ごま油適量
  • 塩コショウ適量
  • 醤油大さじ1/2

作り方

  1. もやしを水洗いする(必要に応じて下処理もする)
  2. ごま油でもやしを炒める
  3. 塩コショウして、水分が出てきたら溶き卵を入れて絡める
  4. 醤油を加え混ぜ合わせて完成

もやし炒め
あぁ、本当に美味しい。
ジュワッと出るもやしの旨味をシンプルに味わえます。

火加減は強火で一気に炒め、出来るだけシャキッとさせたいですね。

ちなみに、炒める際にはお馴染みの『リバーライト極ROOTS炒め鍋26cm』を私は使用しています。

卵は溶いたものを入れて絡めるようなイメージ。
スクランブルエッグ&もやしという感じでしょうか。

基本的にはフワフワ感を出したいですが、混ぜ過ぎ・加熱し過ぎで少々ボソボソ状態になっても問題ありません。

美味しく頂けます。

だって男の子だもん。

もやしの洗い方

基本、袋詰めされて売られているもやし。

もやしって洗います?
どうやって洗います?
そもそも洗わなくていいのか?

本来はザルとかに入れて洗いたいとは思いますが、メンドクサイので袋を少し開けてソコに水を入れてジャブジャブとやっちゃいません?

そのザルの洗い物が減る訳ですし。

なんか、もやし業者さんが袋詰めする際に一度洗っていると勝手に思ってますし、その袋のまま洗う方法だと正直ちゃんと洗えていないかも知れませんが気にしません。

だって男の子だもん。

ひげ根と芽の下処理

1本
まず、その1本に注目します。

で、ここからが本題。
もやしって「下処理」があるの、知ってました?

頭(芽)と尻尾(ひげ根)を取り除いて綺麗にするという処理。

極端な例でもありますが、ひげ根がこれだけ長いのも入ってたりします。

ひげ根
このひげ根を1本1本取ることにより食感が良くなって臭みも無くなります。

芽
反対側、芽の部分。
こちらも同様。

ただし、ひげ根部分には栄養も多く含まれているようなので一概に取り除くのも良し悪しです。

その辺りも踏まえて適宜処理を実施してください↓

下処理
下処理
また、ひげ根は糸状に長くなっていなくても少し色が悪いと言うか茶色系になってたりもします↓

変色
その部分も含めてポキッと取ってしまえばより綺麗になると思います。

単純に時間は結構かかってしまいますが、下処理後はこんな感じで明らかに綺麗になっているのが分かるでしょうか。

もやし下処理後
この下処理。
正直言ってメンドクサイのでやらない時もありますが、「ここぞっ」て時は実施するようにしています。

普段はザッと洗った後、そのまま使っちゃいますよ。

だって男の子だもん。

関連記事

ローマ風クリームソース

自由が丘のポテクリ。レシピ知らないからアレンジは俺流で

なんでもキラキラ女子達の間では今これ人気で流行っているそうですよ。 テレビで特集してました

記事を読む

フィッシュフライ(魚のスパイス焼き)

魚のスパイス焼き「フィッシュフライ」をアジで![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #6】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

アボカドとジャガイモでコロッケ

【アボカドは野菜か?】エビとのディップやコロッケにしたりして

なんか私は勝手なイメージで「果物」に分類されるものかと。 ですが、とある筋からの情報による

記事を読む

静岡おでん

一人おでん!出汁や食べ方を静岡風レシピにしてみた秋冬の季節よ

はい。 寒い時期になりました。 もちろん皆さんも『おでん』作って食べてますよね。 私は

記事を読む

肉まんおやき

肉まんをバウルーで「おやき」に!普通に食べるより絶対うまい

ホットサンドを作る道具でお馴染み『Bawloo(バウルー)』。 そんなに頻繁に使っている訳

記事を読む

チキン65

「チキン65?」何でかそう呼ばれる鶏肉料理の新定番が登場だ![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #5】。 「インドを知る」という目的のもと作ってみたインド料

記事を読む

牛バラ肉の赤ワイン煮

赤ワインで煮込む!牛バラ肉や鶏手羽元を。鍋はストウブで

いやぁ、随分と寒くなってきましたね。 この時期になると、なんだか急に赤ワインが飲みたくなるのは

記事を読む

サバの味噌煮

サバの味噌煮は霜降り処理と鉄鍋必須か?塩焼きも忘れてないよ

旬は秋から冬。 水揚げされる地方によって違いがあるようですが、冬のソレの方が私は美味しいと思ってい

記事を読む

ロマネスコ

ロマネスコとかいう珍しい野菜を蒸す調理法で味を確認してみた

突然ですが、テレビのCM中に短い時間の番組あるじゃないですか。 あれ、総称の呼び名としてミニ番

記事を読む

ゴアンプロウン(ゴア風エビカレー)

ゴアンプロウンっつう簡単に言うとエビカレーの作り方![インドへの道]

ワイン好きですが“ボジョレー・ヌーヴォーは一度も飲んだことがない”のと同様に、「自宅でカレー作らない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ローストビーフ(ストウブ使用)
ローストビーフをストウブで作る!中心温度を57℃にする焼き時間は?

毎年恒例のクリスマスチキン料理の件。 あまり普段は作らない“少し

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

→もっと見る

PAGE TOP ↑