*

TSUNEの酒器で燗酒を飲む!つっても苦手だったりもする

公開日: : モノのこと

もうすぐ2015年も終わり。
季節的にも寒くなってきましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

で、もちろん飲んでますよね、日本酒。

え?飲んでない?

「ビールを飲んでる」?

あぁそうですか。
確かに、寒い時期に飲むビールも美味しいですもんね。

私はここ数年。

お店でお酒を頂く際、最初の一杯目は生ビール。

その後は良きタイミングで日本酒へとスイッチするようになりました。

そんな感じで色々な種類の日本酒を飲むようになった私ですが、どうも苦手というか出来れば飲みたくないものがあります。

そう、それは『燗酒(かんざけ)』です。

飲まず嫌いの燗酒について見直しておこうか

日本酒を加熱して飲む行為“燗”。

よく聞くキーワードとしての「熱燗」。

私は日本酒好きではありますが、この“燗”だけはちょっとねぇ。

まったく飲まない・飲めないという訳ではありませんが、単純に冷や(常温)や結構強めに冷やしたものをクイッとスッキリ飲む方が好きなのです。

が、ここ最近の日本酒ブームの中でも“燗”という言葉はよく耳にしますし、同じお酒だったとしても冷やで飲むのと熱を加えて飲むのでは違う表情が・・・なんていう楽しさも理解できます。

ですので、ここはひとつ。

このタイミングで私の中で『燗酒』についても見直しておこうかと。

燗酒を飲む場合に使う酒器

私は自宅で日本酒を飲む際、その時の気分によって色々と酒器を変えています。

まぁでも基本的にはガラス系のグラスを使うことが多いですかね。

少し径の大きいグラスで飲む方が好きなので、おちょこサイズのものではなくどちらかと言うとロックグラス寄りのものを使っています。

吟醸系の日本酒を飲む場合はワイングラスもその対象になります。

ですが燗酒を飲む場合はガラスという選択肢は無くなり、また“どうやって日本酒を温めるのか”という部分にも影響されて下記の酒器を使うようにしています。

TSUNE(田中恒子)の酒器
「TSUNE(田中恒子)」の酒器セット。

特にオススメなおちょこがコレ↓

TSUNE(田中恒子)の酒器
このおちょこ。
材質感が手に馴染みますし、そのサイズ感と共に私の酒器の中でもお気に入りのモノ。

日本酒を温めて飲む燗酒の作り方

イメージ的に燗酒の作り方としては“磁器のとっくり”だったり“ちろり”などを使う感じもしますが、私は陶器のそれ。

使い方・温め方としては、沸騰後に火を止めた熱湯に適量の日本酒を入れてラップをしたとっくりごと浸けまして4分ほど放置。

飲み頃なお好みの適温に温まりましたら完成です。

直火で熱したり電子レンジを使うのではなく、じんわりと加熱する方式をとっています。

TSUNEの酒器・肴はエイヒレ
そして実際に温めての燗酒飲み。
酒の肴はエイヒレ。

今回、燗にしてみた日本酒は「鯉川 純米/鯉川酒造(山形)」です。

鯉川 純米/鯉川酒造(山形)
うん。
飲んでみて、まぁ慣れていない部分もありますが美味しい。

のどで感じる旨味とその後に鼻から抜ける香りの甘さが、燗にしたことで増したように思います。

香りや温度を重視するなら酒器を見直した方が良いのか

燗酒うんぬんは置いておいて“日本酒の香り”と考えると、やはりクチ部が狭くなったイワユル徳利(とっくり)を使った方が良いのかも。

私は生粋の洗い物嫌いですから、出来るだけ使う食器類は少なくしたいという基本的な考えがあります。

ですので、その効率も考えて日本酒を飲む際は冷蔵庫で冷やしておいた瓶から直接グラスに注いで飲むタイプです。

何回も注ぐのは面倒なので、ある程度多めの量を注いでグラスに入れてしまいます。

そしてチョビチョビ飲みますのでそれなりに時間がかかり、その間に温度もぬるくなってきますし香りも消えてしまいやすいです。

より香りや温度を重視するならばワンクッション入れるというか、まず瓶から徳利(香りが逃げにくい形状)に入れて、そこから随時おちょこ(ひとくちサイズ)に注いでは飲むというスタイルの方が良い感じもしています。

関連記事

炒め鍋

フライパンとの違いを意識して、リバーライトの炒め鍋を俺は振る

以前の記事で紹介した『鉄製フライパン(極ROOTS 20cm)/リバーライト』。 それとは別に

記事を読む

シリコントング30.5cm(12インチ)/Cuisipro(クイジプロ)

トング使い始めるいいきっかけだ!クイジプロのシリコン衝動買い

料理好きな私ですが今まで『トング』というモノをほとんど利用したことが無く、各調理にはほぼ菜箸を使

記事を読む

重曹

ホーロー鍋の焦げや汚れも重曹で煮て綺麗に。そのパワーに驚愕!

以前、琺瑯素材の『月兎印のミルクパン』を愛用しているという記事を書いたのも記憶に新しいですが、今回は

記事を読む

案内板

かっぱ橋への最寄り駅は「田原町」がアクセス的に良さそう

モノ好き男である私。 それには、雑貨やキッチン用品なども勿論含まれている訳でして。 そん

記事を読む

焼き物

益子焼の丼を釉薬での変化を意識して買う!実際に見て触って

お誘いのハガキが届きまして。 陶芸家・鈴木宏美さんの陶展に 場所は、横浜・元住吉。

記事を読む

KEYUCA(ケユカ)の冷水筒

耐熱でも安心できない!ポットの白化現象とは[KEYUCA冷水筒編]

以前、当ブログで紹介しました麦茶ポット用の『KEYUCA(ケユカ)の冷水筒』。 新しく追加

記事を読む

セラミックドリッパー(ハリオV60別注カラー)02/ILCANA(イルカナ)

イルカナ(ILCANA)のコーヒードリッパーがメチャ俺好みで衝動買い!

今回のブログ記事内容を簡単に言ってしまうと、新しい「コーヒードリッパー」を衝動買いしました。

記事を読む

オイルポット(400ml)/クリヤマ

オイルポットは小さめが良い!鉄フライパンの油返しに最適サイズ

皆さんのお家では『オイルポット』ってどうしてます? 例えば、唐揚げを作って残った油。 1

記事を読む

うろこ引き

魚のうろこ取りは包丁より専用道具で引く方が良い3つの理由!

お魚の表面に付いている『うろこ』。 鯛などの魚には非常にビッシリと付いています。 そ

記事を読む

エアリズム シームレスVネック半袖Tシャツ/UNIQLO(ユニクロ)

エアリズムの肌色は絶対買い!汗や透け問題も解決された私の夏

もう夏ですね。 外出するだけで汗ばんでくるこの季節。 皆さんは、シャツの下(インナー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

リバースウィーブ ロングスリーブTシャツ/Champion(チャンピオン)
チャンピオンどハマり中!リバースウィーブ長袖Tシャツ買ってみたぞ

なんか今、私の中で空前のチャンピオンブームが来ています。 み

御岳渓谷/東京
御岳渓谷で紅葉ハイキング!沢井駅から2時間かけて秋の遊歩道をゆく

毎年ちゃんと意識的に「紅葉」を楽しもうと思い立って数年。 旅

レンコンの竜田揚げ
レンコンとハスの違いって?サクサク食感も楽しめる竜田揚げのレシピ

なんかこの9月10月といった秋の時期。 テレビのレシピ番組や雑誌

九州旅行名物料理
九州旅行で私が食べた名物料理を一挙出し~鹿児島・熊本・福岡の夜~

2017年夏。 二泊三日で九州旅行をしています。 旅行

キチントさん ごはん冷凍保存容器 2個入り/クレハ(クレライフ)
ごはん炊かれても!キチント美味しく冷凍保存しなきゃ意味無いでしょ

前回までの「そこそこ書くブログ」。 ここ最近は、作った料理をどう

→もっと見る

PAGE TOP ↑