*

ヴォストフ(WUSTHOF)のペティナイフで野菜の皮むき練習中!

公開日: : 最終更新日:2016/04/01 モノのこと

WUSTHOF(ヴォストフ)
はい。
佐藤健さん主演のドラマ『天皇の料理番(2015年/TBS)』に影響されて新しい包丁を買った次第です。

ドラマの主人公である佐藤健さんは見習いシェフ役なのですが、その体型などから“小さい”を意味する「ペティ(ペテ)」と呼ばれています。

洋包丁の種類の中でも、小さい包丁のことを『ペティナイフ』。

そのサイズから単純に小さい具材を切ったり野菜の皮をむいたりする場合は、こういった小さい包丁・ペティナイフの方が用途として向いています。

ドラマの中で佐藤健さんの見事な包丁さばきを見てカッコイイと思った私。

ソレに確実に影響されちゃって、とある日、みんな大好き浅草・かっぱ橋道具街へ行きましてモロモロ見て回り購入してきました。

楽天などのオンラインショップでネット購入も出来るとは思いますが、やはり包丁は直接的に手で触って使うモノ。

それなりに良いお値段するモノを買う場合は出来れば一生使えるモノを選びたい(ある意味“終活”)ので、納得するまで検討し実際に見て触って使い方などをイメージしてからじゃないと怖いなぁと。

スペシャルグレード ペティーナイフ12cm/WUSTHOF(ヴォストフ)

スペシャルグレード ペティーナイフ12cm/WUSTHOF(ヴォストフ)
そして私が購入してきたのが、コレ。
『WUSTHOF(ヴォストフ)』のペティナイフ。

なんか読み方・通称的な感じで、ウィストフとかドライザックなどとも呼ばれているようですが、私はヴォストフ派です。

購入時はこのような箱・ケースに入っていました。

箱
ケース
並行輸入でしょうか、簡易的な印象も。

ちなみに、両刃の裏面はこんな感じです。

両刃

選び方として包丁のブランド的なこと

ちなみに、このヴォストフはドイツのブランド。

包丁としてまず日本製のモノと悩みましたが、日本で言ったら大阪・堺が有名なくらいにドイツ・ゾーリンゲンも刃物産地で有名です。

今回買うのは和包丁ではなく、あくまでも洋包丁を狙っている訳ですので外国産のドイツも良いかなぁと。

そんなヴォストフの中でも色々とグレードというかランクがありまして、価格面やデザイン面などから私が目を付けたのは「クラシック」と「スペシャルグレード」の2シリーズ。

この2シリーズを比較すると、「スペシャルグレード」の方がその名の通りグレードが良いらしく「クラシック」の同等のモノよりもお値段は2500円ほどお高い感じです。

選び方として刃渡りのサイズ・大きさ的なこと

そして次にペティナイフと考えた場合に意識するのが「刃渡りのサイズ(センチ)」。

そのシリーズの中で言うと、9センチ・10センチ・12センチのサイズが存在しています。

実際に持ってみると、一番ペティっぽく使いやすい長さとしては10センチのモノでしょうか。

この位の短い刃渡りだと小回りが利き便利そうです。

ただ実際に手に持って頭の中で色々と具材を切るイメージをしてみると、やはり“小さい”という印象も捨てきれず。

卵のスライスとかには適してそうですが、例えばやや大きめのタマネギを半分に切る動作では少し小さいかなという感じ。

そして逆に12センチのモノはその辺りの大きさには適してそうですが、ペティとしては若干大きいサイズの印象も受けます。

また、他ブランドも含めて8センチや9センチの刃渡りのペティナイフもあるのですが、これらは単純に小さ過ぎかなと思いました。

かなり使用する場面が限定されてしまうサイズ感と言いましょうか。

使い方としてアゴとか含めて応用の効きそうな大きさに決定

包丁の使い分けとして、本来ならばコッチの具材にはこの包丁をソッチの具材には別の包丁をという適したモノを使うのが良いとは思います。

が、洗い物もその分増える訳でして。

洗い物が大嫌いな私は、出来れば1回の調理で使用する包丁も1つ。

包丁の使い回しが出来る方が良いかなと考えまして、ユーティリティナイフというか応用の効きそうな刃渡り12センチサイズに決めました。

また、刃渡り12センチサイズとした場合、「クラシック」シリーズの方はいわゆるアゴの部分が無いというか使わないタイプ。

「スペシャルグレード」シリーズの方はアゴが使えて、ジャガイモの芽なんかもグリッと取れると思います。

アゴ
アゴも使えるということはより使い回しが出来そうと考えまして、2500円ほどお値段は高くなってしまいますが結果的にスペシャルグレードに決めた次第です。

まだ数回しか使っていなく、目下鋭意野菜の皮むき練習中!

実際の使用感などは良き機会にまた書きたいと思います。

関連記事

ポーランド食器

ポーリッシュポタリーを自由が丘ケルセンで!その絵柄は美しい

知っていますか? その食器のことを。 今結構話題のモノでして、名称から説明しますと『ポー

記事を読む

新しいふきん 3枚入り/日東紡(ニットーボー)

日東紡ふきんに結果たどり着くのか?迷走しまくった私の食器拭き選び

今回はみんな大好き「ふきん(食器拭き)」のブログ記事。 基本的に私がキッチン周りで使っている代

記事を読む

サンダル ARN-2438/arena(アリーナ)

アリーナのサンダルを室内履きに使う!夏用としては良いと思うぞ

いや単純に家では、いわゆる「スリッパ」を履いていたんですよ。 でも、なんか足元が暑いなぁと。

記事を読む

キッチンブラシ/REDECKER(レデッカー)

レデッカーのキッチンブラシを鉄パン洗い専用に私が選んだ理由

皆さん、食事後の食器の後片付け・お皿洗いには何を使っていますか? 私はスポンジを使って洗ってい

記事を読む

出刃包丁

俺のエース出刃包丁を研ぐ!刃こぼれやサビのビフォーアフター

現在は和食の料理人をやられている高校時代の先輩から、以前『出刃包丁(でばぼうちょう)』を頂きました。

記事を読む

湯たんぽ 2リットル/fashy

fashy(ファシー)湯たんぽで電気代節約!使うべき暖房器具だぞ

今夏、私はエアコン・冷房を使わずに扇風機であの猛暑を乗り切りました。 電気代として月3,5

記事を読む

シューストレッチャー ワイド 男性用/MORITO(モリト)

シューストレッチャーを使ってスピングルの革靴を伸ばすことに成功!

この度、『シューストレッチャー』を買いました。 あれ? ご存知ない? 実は私も知らなか

記事を読む

陶器製コーヒーフィルター(ドリッパー)1×2/メリタ

メリタの陶器ドリッパーを頂いたので仕様の違いなど書いてみる

はい。 では、コレは一体何でしょう? この白くて陶器で出来たモノ。 うん。 そう

記事を読む

トレシー メガネ拭き/TORAY(東レ)

メガネ拭きはトレシーがおすすめ!私がティッシュをやめた理由

いやぁ本当にメガネのレンズが汚れるのって嫌ですよねぇ。 もうね、自分で間違ってレンズを指で触っ

記事を読む

アマトリチャーナ

ウェッジウッドの白い皿にアマトリチャーナを盛り付けてみる

先日、とある方から中古のお皿を頂きました。 有難うございます。 裏面を見てみると『WED

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

→もっと見る

PAGE TOP ↑