*

ヴォストフ(WUSTHOF)のペティナイフで野菜の皮むき練習中!

公開日: : 最終更新日:2016/04/01 モノのこと

WUSTHOF(ヴォストフ)
はい。
佐藤健さん主演のドラマ『天皇の料理番(2015年/TBS)』に影響されて新しい包丁を買った次第です。

ドラマの主人公である佐藤健さんは見習いシェフ役なのですが、その体型などから“小さい”を意味する「ペティ(ペテ)」と呼ばれています。

洋包丁の種類の中でも、小さい包丁のことを『ペティナイフ』。

そのサイズから単純に小さい具材を切ったり野菜の皮をむいたりする場合は、こういった小さい包丁・ペティナイフの方が用途として向いています。

ドラマの中で佐藤健さんの見事な包丁さばきを見てカッコイイと思った私。

ソレに確実に影響されちゃって、とある日、みんな大好き浅草・かっぱ橋道具街へ行きましてモロモロ見て回り購入してきました。

楽天などのオンラインショップでネット購入も出来るとは思いますが、やはり包丁は直接的に手で触って使うモノ。

それなりに良いお値段するモノを買う場合は出来れば一生使えるモノを選びたい(ある意味“終活”)ので、納得するまで検討し実際に見て触って使い方などをイメージしてからじゃないと怖いなぁと。

スペシャルグレード ペティーナイフ12cm/WUSTHOF(ヴォストフ)

スペシャルグレード ペティーナイフ12cm/WUSTHOF(ヴォストフ)
そして私が購入してきたのが、コレ。
『WUSTHOF(ヴォストフ)』のペティナイフ。

なんか読み方・通称的な感じで、ウィストフとかドライザックなどとも呼ばれているようですが、私はヴォストフ派です。

購入時はこのような箱・ケースに入っていました。

箱
ケース
並行輸入でしょうか、簡易的な印象も。

ちなみに、両刃の裏面はこんな感じです。

両刃

選び方として包丁のブランド的なこと

ちなみに、このヴォストフはドイツのブランド。

包丁としてまず日本製のモノと悩みましたが、日本で言ったら大阪・堺が有名なくらいにドイツ・ゾーリンゲンも刃物産地で有名です。

今回買うのは和包丁ではなく、あくまでも洋包丁を狙っている訳ですので外国産のドイツも良いかなぁと。

そんなヴォストフの中でも色々とグレードというかランクがありまして、価格面やデザイン面などから私が目を付けたのは「クラシック」と「スペシャルグレード」の2シリーズ。

この2シリーズを比較すると、「スペシャルグレード」の方がその名の通りグレードが良いらしく「クラシック」の同等のモノよりもお値段は2500円ほどお高い感じです。

選び方として刃渡りのサイズ・大きさ的なこと

そして次にペティナイフと考えた場合に意識するのが「刃渡りのサイズ(センチ)」。

そのシリーズの中で言うと、9センチ・10センチ・12センチのサイズが存在しています。

実際に持ってみると、一番ペティっぽく使いやすい長さとしては10センチのモノでしょうか。

この位の短い刃渡りだと小回りが利き便利そうです。

ただ実際に手に持って頭の中で色々と具材を切るイメージをしてみると、やはり“小さい”という印象も捨てきれず。

卵のスライスとかには適してそうですが、例えばやや大きめのタマネギを半分に切る動作では少し小さいかなという感じ。

そして逆に12センチのモノはその辺りの大きさには適してそうですが、ペティとしては若干大きいサイズの印象も受けます。

また、他ブランドも含めて8センチや9センチの刃渡りのペティナイフもあるのですが、これらは単純に小さ過ぎかなと思いました。

かなり使用する場面が限定されてしまうサイズ感と言いましょうか。

使い方としてアゴとか含めて応用の効きそうな大きさに決定

包丁の使い分けとして、本来ならばコッチの具材にはこの包丁をソッチの具材には別の包丁をという適したモノを使うのが良いとは思います。

が、洗い物もその分増える訳でして。

洗い物が大嫌いな私は、出来れば1回の調理で使用する包丁も1つ。

包丁の使い回しが出来る方が良いかなと考えまして、ユーティリティナイフというか応用の効きそうな刃渡り12センチサイズに決めました。

また、刃渡り12センチサイズとした場合、「クラシック」シリーズの方はいわゆるアゴの部分が無いというか使わないタイプ。

「スペシャルグレード」シリーズの方はアゴが使えて、ジャガイモの芽なんかもグリッと取れると思います。

アゴ
アゴも使えるということはより使い回しが出来そうと考えまして、2500円ほどお値段は高くなってしまいますが結果的にスペシャルグレードに決めた次第です。

まだ数回しか使っていなく、目下鋭意野菜の皮むき練習中!

実際の使用感などは良き機会にまた書きたいと思います。

関連記事

エルム ステンレス製ティーポット460cc/仔犬印・本間製作所

仔犬印のティーポットに決めた理由!容量や材質など悩みぬいて

私の記憶が確かならば、以前のブログ記事で『ウェッジウッドのティーカップで紅茶を飲む』件について書

記事を読む

TSUNEの酒器・肴はエイヒレ

TSUNEの酒器で燗酒を飲む!つっても苦手だったりもする

もうすぐ2015年も終わり。 季節的にも寒くなってきましたが、皆さまはいかがお過ごしでしょうか。

記事を読む

クッキング温度計/DRETEC(ドリテック)

揚げ物が苦手?そりゃ料理用温度計を使ってないからですよっ!

そんな私は「食に関する知識を得よう」と思い立ってから数年、意識的に色々な料理を作ってみるようになりま

記事を読む

V60計量スプーン カパー/HARIO(ハリオ)

ハリオのコーヒー計量スプーンで容量12グラムを正確にしてみた結果!

なんか最近はコーヒーグッズをよく買っているような気がします。 しかもメリタ派からハリオ派へと変

記事を読む

炒め鍋

フライパンとの違いを意識して、リバーライトの炒め鍋を俺は振る

以前の記事で紹介した『鉄製フライパン(極ROOTS 20cm)/リバーライト』。 それとは別に

記事を読む

シリコントング30.5cm(12インチ)/Cuisipro(クイジプロ)

トング使い始めるいいきっかけだ!クイジプロのシリコン衝動買い

料理好きな私ですが今まで『トング』というモノをほとんど利用したことが無く、各調理にはほぼ菜箸を使

記事を読む

うろこ引き

魚のうろこ取りは包丁より専用道具で引く方が良い3つの理由!

お魚の表面に付いている『うろこ』。 鯛などの魚には非常にビッシリと付いています。 そ

記事を読む

焼き物

益子焼の丼を釉薬での変化を意識して買う!実際に見て触って

お誘いのハガキが届きまして。 陶芸家・鈴木宏美さんの陶展に 場所は、横浜・元住吉。

記事を読む

自然気化式小型携帯加湿器「ちょこっとオアシスプラスシー」/ミクニ

エコな加湿器「ちょこっとオアシス」使ってみた!その効果は?

誰がどう見たって“乾燥肌”でお馴染みの私。 その自覚はあるのですが、まったくケアをしないのです

記事を読む

案内板

かっぱ橋への最寄り駅は「田原町」がアクセス的に良さそう

モノ好き男である私。 それには、雑貨やキッチン用品なども勿論含まれている訳でして。 そん

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

炊き込みご飯
炊き込みご飯は難しい…は思いこみ!水加減など基本的な作り方を紹介

皆さんは食欲の秋の時期に『炊き込みご飯』を作りますか? 炊き込み

きくらげと豚肉の混ぜそば
焼きそば麺のほぐし方を!きくらげと豚肉の混ぜそば作って試してみる

ちょくちょく見ているテレビ東京の料理番組『男子ごはん』。 なんか

シューストレッチャー ワイド 男性用/MORITO(モリト)
シューストレッチャーを使ってスピングルの革靴を伸ばすことに成功!

この度、『シューストレッチャー』を買いました。 あれ? ご存知

もちもちれんこんしそつくね(オレンジページのレシピ参考版)
レンコンの皮のむき方&すりおろし方って?鶏つくね作って試してみる

さて、秋の時期が旬の『レンコン』。 私の記憶が確かならば、先日そ

日本酒オブザイヤー2017
【日本酒オブザイヤー2017】俺的には賀茂金秀!雄町米最強説ここに

今年2017年も色々な日本酒を頂きました。 その数37種(1

→もっと見る

PAGE TOP ↑