*

大門坂を歩いて那智大社参詣!勝浦から行くには絶好の熊野古道コース

公開日: : 旅行

熊野古道
今回の和歌山旅行では「熊野古道を歩く」という目的があります。

いくつかのコースに分かれている熊野古道の中でも、今回ブログに旅行記を書きます『大門坂(だいもんざか)コース』が一番行ってみたかった所なのです。

と言うのもメディアでよく紹介されている場所ですし、入口にある「夫婦杉」も有名。

アクセスもし易くウォーキング時間も30分ほどですから、熊野古道の雰囲気をまず楽しみたいという人にはオススメできるのかと。

それに何よりも和歌山観光では絶対に外せない『日本一の那智滝&熊野那智大社』へと続く道ですから是非とも歩くのが良いと思います。

ちなみに、私が今回の和歌山旅行で歩いたもう一つの熊野古道『大日越コース』に関しても以前のブログ記事に書いていますので宜しかったら読んで頂くとして。

大門坂コースを歩く『紀伊勝浦駅~熊野那智大社旅行記』

新宮駅
『熊野速玉大社&神倉神社』の観光を終えまして、そんな私の現在地点は新宮駅。

当初の旅行プランでは、ここ新宮駅から那智駅まで行ってバスに乗ろうと考えていました。

ですが現在時刻の都合上、駅員さんに聞いてみたところ「新宮駅から紀伊勝浦駅まで出てしまった方が結果的に早いですよ」とのこと。

特急くろしお
という訳で、この特急くろしおに乗りまして紀伊勝浦駅を目指すことにしました。

紀伊勝浦駅から大門坂駐車場前まではバス

紀伊勝浦駅
最寄り駅である「紀伊勝浦駅」に到着。

紀伊勝浦駅
駅前は少し開けた感じでバスやタクシーのロータリーになっています。

バス乗り場
その駅前に、今回の目的地「熊野那智大社(那智山方面)」までのバス乗り場があります。

主なバス停の順序としては、紀伊勝浦駅→那智駅→大門坂駐車場前→那智の滝前→那智山です。

私の場合は熊野古道大門坂コースを歩いて(上って)熊野那智大社へ参詣したいので、途中の「大門坂駐車場前」というバス停で降車します。

コインロッカー
ここ紀伊勝浦駅のバス発着場にはコインロッカーもあるので、また戻ってくるプランで旅行荷物が多い場合は利用するのも良いかも知れません。

なにせ難易度が低いとは言え、30分以上は上り坂を歩くことになりますし。

那智山方面バス
という訳で、バス乗車。

夫婦杉が熊野古道大門坂コースの始まり

紀伊勝浦駅を出発して所要時間20分ほど、バス停「大門坂駐車場前」で下車。

大門坂コース
バス停から少し坂を上るとそれらしい参詣道が。

さらに細い坂道を上って奥へと入っていきます。

夫婦杉
はい、出ました有名な「夫婦杉」。

ここから奥へと誘う感じで樹齢800年の杉が門のように立っています。

なんでも家庭円満に御利益のあるパワースポットの場所。

この夫婦杉から本格的に『熊野古道 大門坂コース』が始まります。

大門坂コースを所要時間徒歩40分ほどで制覇

熊野古道・大門坂
基本的には緩やかな石段が続いて上っていく感じです。

熊野古道・大門坂
道の両側に生えている杉が良い雰囲気を出しています。

熊野古道・大門坂
緩やかな石段とは言っても、それなりに長い時間を上り続けるので結構疲れると思います。

石畳
まったく舗装されていない山道とは違って、石畳の道なので歩きやすいです。

私はバスを降りてから都合40分(休憩含めて)ほどの所要時間で熊野古道大門坂コースを歩ききりました。

ここから『日本一の那智滝&熊野那智大社』へと旅行プランは続きます。

その以前のブログ記事にも書きましたが「那智滝」は凄く良い観光スポットでしたよ。

マグロと温泉が有名な勝浦

勝浦
「勝浦」は海に面したイワユル港町。

駅前には商店街などもあり、飲食店やお土産屋さんがいくつかありました。

そんな勝浦の名物は生マグロ。

勝浦はマグロの水揚げ量が日本一の港のようです。

ですので、冷凍されていない生のマグロがおすすめの料理。

桂城・マグロ料理
私も勝浦の港近くにある「桂城」さんにてマグロ料理を頂きました。

紀伊勝浦の駅から3分ほど歩けば海(港)まで出れます。

その港周辺の方が飲食店などが多かった気も。

温泉・足湯
また、勝浦は温泉地としても有名で、港の近くには自由に入れる“足湯”もありました。

港から定期船で島まで渡った所にホテルなどもありますので、そもそも勝浦を宿泊地とした旅行プランも良いかも知れませんね。

関連記事

華厳の滝

【日光観光】華厳の滝へバスで!二荒山神社も忘れないであげて

今回の栃木旅行。 既に私は『日光東照宮・輪王寺』は色々と見させて頂きました。 「日光来たら東

記事を読む

ワイン

勝沼ぶどう郷観光でココは外せない!ワイン試飲に行くべき場所

今回は旅行のブログ記事。 ちなみに続きモノです。 真夏の『昇仙峡の渓谷』や『甲府駅で郷土

記事を読む

うな重(肝吸付)/しらいし

人吉うなぎが超絶うまい!熊本旅行で外せない百聞は一食にしかずの味

2017年夏。 九州旅行で「熊本」に来ております。 旅行の醍醐味の一つ、その土地の名物料

記事を読む

ほうとう

【山梨観光】甲府駅前でほうとう・鳥もつ煮を!武田神社にも

今回は旅行のブログ記事。 ちなみに続きモノです。 真夏に汗ダックダクになりながらも上って

記事を読む

香嵐渓(こうらんけい)

ライトアップもお馴染み香嵐渓!紅葉の見ごろに観光してきたぞ

行って参りました。 東海随一の紅葉と名高い、愛知県豊田市足助町『香嵐渓(こうらんけい)』。

記事を読む

尾道

尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。 四国一周とは言っても、

記事を読む

常夜燈/鞆の浦

鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島へインして四国をグルッと回って

記事を読む

宮ヶ瀬ダム

宮ヶ瀬ダムで紅葉!だけでなく観光放流も楽しむべき日程プラン案を

皆さんは毎年「紅葉」を意識的に見に行っていますでしょうか。 お恥ずかしい話ですが、正直言い

記事を読む

太宰府天満宮/福岡

太宰府天満宮旅行記!余った観光時間を利用してのチョイ寄るプラン案

2017年夏。 「九州縦断旅行」と銘打ち、各県各箇所を色々と回っております。 旅行プラン

記事を読む

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)

熊野本宮大社は写真撮影禁止!その神域での参拝は緊張感ありました

さてさて、行って参りました和歌山旅行。 今回のブログ記事は、そんな和歌山旅行『熊野本宮大社

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ローストビーフ(ストウブ使用)
ローストビーフをストウブで作る!中心温度を57℃にする焼き時間は?

毎年恒例のクリスマスチキン料理の件。 あまり普段は作らない“少し

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

→もっと見る

PAGE TOP ↑