*

【益子春の陶器市2015】見どころ満載!私が土産に買ったもの

公開日: : 旅行

現在地は栃木県JR宇都宮駅。
何故ってそれは、宇都宮餃子を食べに来たからです。

毎年ゴールデンウィークと秋に開催されている『益子陶器市』。

せっかく栃木に来た訳ですから、今回は是非行ってみたいと考えていました。

宇都宮駅から陶器市の最寄り駅「益子駅」へバスでアクセス

ということで、JR宇都宮駅から便利なバスに乗って益子に向かいたいと思います。

宇都宮駅→小山駅→下館駅→益子駅というルートで電車を使ってもいけるのですが、地図上で見るとすごく遠回りしている感じ。

バスだと直線的に向かう感じでしたので、私はそちらをチョイス。

所要時間はバスで1時間ほど(1,150円)。

電車だと2時間ほど(1,600円)。

実際にバスで行きましたが特に渋滞もしませんでしたので、バスの方が良さげな感じです。

JR宇都宮駅西口バスロータリー14番
乗り場は、JR宇都宮駅西口バスロータリー14番。

地図的に益子駅まで行ってしまうと行き過ぎです

当初の予定では終点の益子駅で降り、そこから歩いて戻ってくるような方法を考えていましたが、明らかに途中のバス停で降りた方が良いです。

益子駅まで行ってしまうと結構歩くことになると思われ。

陶器市は益子の地図的に言うと「城内坂から古窯いわした広場」という場所間のルート上で主に展開されています。

宇都宮駅方面から来ると、その城内坂や内町というバス停で降りて引き返す感じで良いのでは。

私は何となく気になっていた「鹿島神社前」で降りまして、お参りしてから向かうことにしました。

鹿島神社前
鹿島神社

益子春の陶器市

はじめての益子春の陶器市。
食器や雑貨といったモノ好き人間には垂涎のイベントですよね、ジュルリ。

城内坂
交差点「城内坂」から坂を上っていく感じで、車道を挟んで右でも左でも焼き物を販売しています。

焼き物
焼き物
テント
テント
いやぁ目移りしちゃいます。
色々と見てるとドンドンと買いたくなってきますよね。

でもそうするとキリが無いのでグッと我慢しながら見て回ります。

大きく分けると、通常の店舗販売しているお店と個人の作家さんがテントで臨時場所として販売している感じでしょうか。

KENMOKUテント村
かまぐれの丘
路地裏テント
これら、KENMOKUテント村やかまぐれの丘や路地裏テントなどはその個人の作家さんのテント販売形式だと思われます。

また、そんな広い益子陶器市の中心部がこの共販センター↓

共販センター
地図上で見ても真ん中辺りにあります。

結構大きめの広場だか駐車場みたいなスペースにテントが数多く設置されています。

タヌキ
で、なんと言っても大きいタヌキが象徴的に。

タヌキ
でもタヌキの焼き物と言えば信楽焼が有名だと思われますが、ここ益子焼もそうなんですかねぇ。

厳選して買ったものイワユル戦利品

そして、今回の『益子春の陶器市2015』で購入してきたお土産がコチラ↓

買ったもの
厳選に厳選を重ねての2つ。

カレーとかパスタとかにも使えそうなサイズ感のお皿。

もう一つは、器を支える台が高めに付いている若干小さめのお皿。

このお皿は色というか、錆びたような雰囲気のある所が気に入りまして買うことに。

「せっかく益子陶器市まで来たのだから」という理由の元、なんかもう少し購入してきても良かった気もしますが、“逆に”その物欲を取っておいた方が又行きたくなるし良いかなぁと。

混雑・渋滞具合を考えて電車で帰ることに

そして帰路。

帰りは陶器市開催場所から益子駅まで歩きましたが、地図上で見るよりも結構時間がかかりましたね。

20分は歩いたのではないでしょうか。

益子駅
益子駅
時計の下でグルグルと回っているナニカが印象的な益子駅。

益子駅
益子駅はSuicaが使えませんでした。
というか、自動改札とかありません。

真岡鐵道
しかも線路は単線。
なかなか風情のある路線ですね。

電車に乗って益子駅から真岡鐵道で下館駅。

下館駅から水戸線で小山駅まで。

そして小山駅。
湘南新宿ラインなど通っていますので、電車ルートとしては一つの基準となる駅ですね。

「電車ルートとしては」と書きましたが、そもそも益子駅から東京都内・秋葉原までの高速バスルートも存在しています。

実際に利用していないので何とも言えませんが、益子駅⇔秋葉原間で片道3時間ほど(2,000円)。

今回はゴールデンウィーク期間だったこともあり、道路が渋滞していたら・・・と考えて電車ルートをチョイスした次第です。

また機会があれば、益子陶器市。
是非行きたいと思います。

関連記事

白川郷への交通手段は高速バス

【東京から白川郷】高速バスだとこの行き方(時刻付)が最速か?

日本の原風景・世界遺産『白川郷(しらかわごう)』。 どうでしょう。 この田園や茅葺屋

記事を読む

御岳渓谷/東京

御岳渓谷で紅葉ハイキング!沢井駅から2時間かけて秋の遊歩道をゆく

毎年ちゃんと意識的に「紅葉」を楽しもうと思い立って数年。 旅行はもちろん地図を見ることも好

記事を読む

熊野古道への飛行機

【東京から熊野古道】本宮大社への行き方は飛行機がベストなのか?

今回の和歌山旅行の主な目的は世界遺産でもある「熊野古道(くまのこどう)」を歩いてみるということ。

記事を読む

香嵐渓(こうらんけい)

ライトアップもお馴染み香嵐渓!紅葉の見ごろに観光してきたぞ

行って参りました。 東海随一の紅葉と名高い、愛知県豊田市足助町『香嵐渓(こうらんけい)』。

記事を読む

下呂温泉

夜の下呂温泉!寿々波に素泊まりして宴蔵で飛騨牛朴葉味噌を

現在私が居る場所は岐阜県JR高山駅。 何故ってそれは、白川郷観光に来たからです。 そんな『白

記事を読む

華厳の滝

【日光観光】華厳の滝へバスで!二荒山神社も忘れないであげて

今回の栃木旅行。 既に私は『日光東照宮・輪王寺』は色々と見させて頂きました。 「日光来たら東

記事を読む

名古屋南ささしまライブ

ささしまライブってどこ?横浜から名古屋へ夜行バス格安2500円也

東海随一の紅葉を見てみたいと考え、先日行ってきました愛知県は『香嵐渓(こうらんけい)』。

記事を読む

神倉神社(かみくらじんじゃ)

熊野速玉大社&神倉神社も絶対行くべき!急な石段は危険ですけど

今回のブログ記事では、熊野三山と呼ばれる神社の一つ『熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)』などにつ

記事を読む

豊礼の湯/わいた温泉郷/熊本

豊礼の湯もインスタ映え?鍋ヶ滝のあとランチ寄るプランどうでしょう

フォトジェニック・インスタ映えする撮影スポットでお馴染み「鍋ヶ滝(熊本県)」。 私も『シャッタ

記事を読む

どて丼

柳橋中央市場に潜入!早朝の名古屋めしに「どて丼」を食べる

今回のブログ記事では、私が愛知旅行をした際に主に名古屋で食べた美味しい料理について書いておきたいと思

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

→もっと見る

PAGE TOP ↑