*

宮ヶ瀬から七沢温泉(ZUND BAR)の楽しみ方!あえての日帰りバス行動~♪

公開日: : 旅行

私の記憶が確かならば、以前『宮ヶ瀬ダム(神奈川県)旅行記』のブログ記事を書きました。

紅葉や観光放流など宮ヶ瀬ダムを満喫した訳ですが、事前に旅行プランを検討した際に「ソレだけだと物足りないかなぁ」と思っていました。

せっかく神奈川は本厚木駅を基点として宮ヶ瀬ダムまで行くので、もう少し周辺も回ってみようと考え。

前から気になっていた厚木にある「七沢温泉」にも入りたい、そんな感じの目的をもって考えた旅行プランが下記。

  • 「宮ヶ瀬ダム」で観光放流を見る
  • 紅葉の「宮ヶ瀬湖」を回る
  • 「七沢温泉」でゆっくりする
  • 「ZUND-BAR(ズンド・バー)」でラーメンを食べる

そんな感じで行ってきました旅行後半戦について書いていきたいと思います。

宮ヶ瀬周辺を観光

宮ヶ瀬湖
宮ヶ瀬湖自体はすごく大きいので、3つのエリアに分かれています。

  • ダムサイトエリア
  • 鳥居原エリア
  • 宮ヶ瀬湖畔エリア

それぞれのエリアは「遊覧船」で結ばれています。

ただし遊覧船は運航日や時刻が決まっていますので要確認です。

遊覧船の運航時刻などは事前にチェック

宮ヶ瀬ダムの観光放流実施日にはセットで遊覧船も運航しているとの情報を事前に得ていました。

私が現在居る場所は文字通りのダムサイトエリアで、午前11時の観光放流を見終えてから遊覧船を利用し「宮ヶ瀬湖畔エリア」まで渡ろうと計画。

遊覧船乗り場
そして、ダムの背の宮ヶ瀬湖までエレベーターで上がり「遊覧船乗り場」へ。

はい。
閉まっています。

本来は運航日なのですが、前日の大雪のため要調整で本日はお休みらしく。

う~ん。

次の目的地である宮ヶ瀬湖畔エリアまで遊覧船に乗る予定は崩れ去り、係の人に聞いたところ徒歩でも行けますよとのお返事。

宮ヶ瀬湖周辺をある意味ハイキング

ハイキング
まだ雪の残る道路を歩いて行くことにしました。

いやぁこの徒歩。

想定外だったこともあり、結果的には40分ほど歩き結構大変でしたよ。

トンネル
2本ほど長いトンネルを通ったり、宮ヶ瀬湖沿いの整備されたコンクリート道路を歩いて行く感じになります。

道に雪は残っていましたが天気はすごく良い日。

湖から湯気
その気温のせいか、湖の水から湯気みたいなのが出ているの画像から分かりますでしょうか。

時間は相当かかりましたが、湖沿いを歩くだけなので道順的に迷うことはないと思います。

宮ヶ瀬湖
こちらの橋を最終的に右に曲がって少し行けば「宮ヶ瀬湖畔エリア」に到着です。

宮ヶ瀬湖畔エリアを散策

宮ヶ瀬湖畔エリア
ここ宮ヶ瀬湖畔エリアの象徴は何と言っても「大きな吊り橋」でしょうか。

さほど高さは無いイメージでしたが、距離が長いなぁと思いました。

広場
もちろん高所恐怖症の私は吊り橋を渡ることもなく、下の広場を落ち着いて回ってみます。

クリスマスツリー
ひときわ大きな木。
クリスマスシーズンには点灯するみたい。

大階段
本来の宮ヶ瀬湖畔エリアへの入口はこっち側になりそうな「大階段」。

広場
大階段を上がって見る広場全体がこのような感じ。

この辺りには駐車場やお食事処などがありました。

本厚木駅方面へのバス停
また、本厚木駅方面へのバス停もあります。

係の人に聞きましたが、この辺りのバスは停留所が有って無いようなものらしく。

道で手を挙げれば停まってソコから乗せてくれるとか言っていましたよ。

七沢温泉日帰り入浴&有名ラーメン店へ

ラーメン屋さんZUND-BARは七沢温泉とイコールの位置関係ですから、次の目的地は「七沢温泉」自体になります。

宮ヶ瀬湖から公共交通機関で七沢温泉へのバスなどは存在しません。

事前に電話して担当の方に聞いてみたところ、以前はあったみたいなのですが現在は無いとのこと。

ですので前もって宮ヶ瀬湖から七沢温泉への行き方を調べてみます。

地図的にルートとしては、宮ヶ瀬湖から本厚木駅行きのバスに乗り「尾崎」というバス停で降りて神奈川県道64号を南下していけば七沢温泉。

七沢温泉まで県道をある意味ハイキング

尾崎
宮ヶ瀬12時50分発のバスに乗り「尾崎」まで20分ほどで到着。

尾崎
そこから七沢温泉まで距離的に言うと4キロ。

県道ですからタクシーに乗れば良いかなと考えていましたが、まぁ通りません。

自家用車やトラックは結構走っているのですがタクシーは皆無。

よく考えてみたらそりゃそうだよなという感じ、この辺りにお住まいの方はそもそも車を持っていそうですもん。

タクシーの必要性が無いというか。

という訳で、七沢温泉まで徒歩で行くことに。

いやぁこの徒歩。

若干想定内でしたが、結果的には40分ほど歩き結構大変でしたよ。

ZUND-BAR(ズンド・バー)でラーメンを

ZUND-BAR
七沢温泉は「ZUND-BAR」へと到着。

ほぼ道は一本ですから迷うことはありませんでした。

ゴールデンエール/厚木地ビール(サンクトガーレン)
喉が渇きまくっていたので、こちらの「ゴールデンエール/厚木地ビール(サンクトガーレン)」をまず注文。

このビールが旨い!

らーめん 塩
店員さんにオススメを聞いて、最も基本であろう「らーめん 塩」を頂きます。

うん。
美味しい。

ラーメンというか“ソバ”に近い印象も受けました。

スッキリとした綺麗な味で、先述したビールともよく合い美味しかったです。

ZUND-BAR
ごちそうさまでした。

七沢温泉でゆっくりする

宮ヶ瀬から長時間歩いてきましたから、お目当ての「七沢温泉」でゆっくりします。

七沢荘
いくつか日帰り入浴できる所はあると思われますが、私はコチラ「七沢荘」をチョイス。

日帰り入浴1,000円(約2時間程度)。
営業時間としては8時から21時。

休憩場所
受付で料金を支払って進んで行くと休憩場所あり。

外観からは想像できなかったのですが、中の敷地は結構な広さがあるなぁと感じました。

コインロッカー
コインロッカーは脱衣所にも少しあり、こちら休憩場所には多く完備されています。

足湯
「足湯」は閉まっていました。

・・・という訳で、ゆっくり温泉に入らせて頂きました。

大きく分けると、中風呂と露天と2つあります。

温泉の温度はやや高めだったかと。

宮ヶ瀬から文字通り“ハイキング”を終えての七沢温泉。

この旅行プラン、すごく疲れましたけど中々良かったかと。

七沢病院入口
そしてコチラ「七沢病院入口」から又バスに乗り本厚木駅へと帰ります。

関連記事

熊野古道への飛行機

【東京から熊野古道】本宮大社への行き方は飛行機がベストなのか?

今回の和歌山旅行の主な目的は世界遺産でもある「熊野古道(くまのこどう)」を歩いてみるということ。

記事を読む

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)

熊野本宮大社は写真撮影禁止!その神域での参拝は緊張感ありました

さてさて、行って参りました和歌山旅行。 今回のブログ記事は、そんな和歌山旅行『熊野本宮大社

記事を読む

買ったもの

【益子春の陶器市2015】見どころ満載!私が土産に買ったもの

現在地は栃木県JR宇都宮駅。 何故ってそれは、宇都宮餃子を食べに来たからです。 毎年ゴールデ

記事を読む

神倉神社(かみくらじんじゃ)

熊野速玉大社&神倉神社も絶対行くべき!急な石段は危険ですけど

今回のブログ記事では、熊野三山と呼ばれる神社の一つ『熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)』などにつ

記事を読む

覚円峰

【山梨観光】昇仙峡へバスで!夏の渓谷ハイキングは結構きつい

私は地理や食文化に関する知識をより深めるために『47都道府県制覇』を目的・目標にしている訳ですが、今

記事を読む

熊野古道・大門坂

大門坂を歩いて那智大社参詣!勝浦から行くには絶好の熊野古道コース

今回の和歌山旅行では「熊野古道を歩く」という目的があります。 いくつかのコースに分かれてい

記事を読む

白川郷

白川郷をがっかり観光地にしない為に考えるべき旅行プラン案!

世界遺産『岐阜県白川郷』。 何となくテレビなどでよく耳にしていた白川郷へ旅行に行ってきましたの

記事を読む

湯の峰温泉・つぼ湯

湯の峰温泉つぼ湯に入浴してみた結果!世界遺産には入るしかない

今回の和歌山(熊野)旅行の宿泊先は『湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)』。 世界遺産にも登録されて

記事を読む

草津温泉(群馬県)

草津行ってきた!初観光だからこそ押さえるべきアクセスや温泉のこと

冬の雪降る2月。 日本三名泉の一つ『草津温泉(群馬県)』へ行ってきました。 本当は別

記事を読む

横浜観光 山下公園周辺

【横浜観光 山下公園周辺編】シーガーディアンで酔うプラン案

観光地としてお馴染み、港町『横浜』。 いやカッコ良く『横濱』と言うべきでしょうか。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

知覧特攻平和会館/鹿児島
知覧特攻平和会館への旅行ブログ!ランチには郷土料理「とんこつ」を

1年間に最低でも1回は旅行しようと考え始めて早6年。 “ただ

砂蒸し/指宿温泉/鹿児島
砂蒸し体験できるから効果期待できる!知っとくべき指宿温泉の入り方

色々と旅行に行っている私。 基本的には旅行≒名物料理を食べるとい

豊礼の湯/わいた温泉郷/熊本
豊礼の湯もインスタ映え?鍋ヶ滝のあとランチ寄るプランどうでしょう

フォトジェニック・インスタ映えする撮影スポットでお馴染み「鍋ヶ滝(熊本

鍋ヶ滝/熊本
鍋ヶ滝はインスタ映え?落ち水をスローシャッターで撮影してみた結果

とある“芸能人が興味ある場所に行って渾身の写真一枚を撮影する”とい

うな重(肝吸付)/しらいし
人吉うなぎが超絶うまい!熊本旅行で外せない百聞は一食にしかずの味

2017年夏。 九州旅行で「熊本」に来ております。 旅行の

→もっと見る

PAGE TOP ↑