*

モノのこと

グンゼ綿100%Tシャツを勝負肌着に!ポリエステルは汗の臭いが残る?

投稿日:

今回のブログ記事は『Tシャツ』のお話。

Yシャツやポロシャツなどの下に「肌着」として着るインナーTシャツについて。

なんか記憶上、若い時は素肌の上に直接シャツ系を着用していたと思います。

それこそ汗とかも気にしていなかったかと。

ですが、この年齢になると汗や匂いなどもケアしないと駄目ですよねぇ。

ベタベタするとか自分的なことも勿論ですが、周りへのマナーとか考えますと。

エアリズムなど化学繊維インナーと汗の臭いについて

そこで何と言っても重宝するのが『エアリズム/UNIQLO(ユニクロ)』ですよ。

詳しくは以前のブログ記事を宜しかったら読んで頂くとして、すごく便利に最強インナーとして着用していました。

ただ、気になる点も・・・

ポリエステルは汗臭いのが取れにくい?

どうやら科学的見解から、ポリエステルなどの化学繊維の服は「汗は乾きやすい特徴はあるが臭いには弱い」みたいな。

もちろん化学繊維と言っても色々な仕様があるでしょうし、着心地は薄く軽くてサッパリするメリットもあるでしょう。

ただし、洗濯しても汗の汚れや臭いが落ちにくかったり、その洗濯回数が増えていくほどに劣化する(効果が薄れる)とかなんとか。

肌着は消耗品でしょうから劣化したら捨てて新調するのが良いのでしょうが、それも何かねぇ。

エアリズムをどうこう言う訳ではないですが、そういう事を聞くと気になってしまうのが私の悪い癖・・・

the GUNZE VネックTシャツ(短袖・汗とり付)/GUNZE(グンゼ)

という訳で、ポリエステルなど化学繊維ではない肌着用Tシャツを使ってみようと思い立ち購入。

the GUNZE VネックTシャツ(短袖・汗とり付)/GUNZE(グンゼ)

「the GUNZE(ザグンゼ)」というシリーズの綿100%夏用VネックTシャツ。

特徴やメリットは下記↓

特徴やメリット

そして安定の日本製なのも嬉しいところ。

肌着には綿100%が良いと聞くが

化学繊維モノに比べると確かに「綿100%」のTシャツは厚みがあるというかシッカリした素材な気がします。

何度も洗濯しても、へたる率も少なくて長持ちするというか。

さらに乾燥肌など肌が弱い人にも綿100%の肌着はトータル的に考えて良いらしく。

実際に着た瞬間も“なんか守られてる感”があります。

その分、生地が厚いので気温の体感温度は暑く感じてしまうのかなぁという逆説もありますね。

汗染み防止など“夏”を考慮した商品が良い

そんな中で、今回の新インナーTシャツ購入にあたって私が考えた要件が下記。

  • 綿100%であること(事の発端の理由から大前提)
  • 生地は厚くない方が良い(ポロシャツなどの下に着るし体感温度も下げたい)
  • 脇汗ケアなど“夏に着る”ことを考えているもの

こちらの「the GUNZE(ザグンゼ)」の商品は、もちろん素材は綿100%。

メッシュ

この画像から分かるでしょうか、生地自体はメッシュになっています。

ぶ厚い生地感ではなく、サラッとして通気性も良さそう。

また、袖の長さはやや短めです。

汗染み防止

そして脇の部分は逆に厚い作りになっていて、汗を吸収するような仕組み。

などなど、肌着としての要件を満たしたTシャツを見つけたので購入してみた次第です。

今年の夏は、この『the GUNZE VネックTシャツ(短袖・汗とり付)/GUNZE(グンゼ)』。

勝負肌着として使ってみようと思います。

丸首

ちなみに私はVネックだけでなく、同シリーズの丸首も一緒に買っちゃってるのですよ、ふっふっふっ。







-モノのこと

Copyright© そこそこ書くブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.