*

モノのこと

ニトリのスキレットが評判良い!私が小さいサイズを買った理由

更新日:

スキレット鍋15cm(6インチ)/ニトリ
皆さんは知ってます?

この「スキレット」という調理器具。

すごく簡単に言うと、鉄のフライパンです。

ただ、一般的な鉄のフライパンよりも素材自体は分厚く平たい感じ。

さらに使い方などを調べてみると、そのスキレットを調理器具として使用するのはモチロンのこと、調理後そのまま食卓へ出せるというのも素敵ポイントだとかなんとか。

確かに、ある意味“食器”としても使えるのは魅力的だなぁ。

「鉄のお皿」みたいな感覚でしょうか。

ハンバーグ屋さんとかで使ってるじゃないですか。

木製敷台の上に鉄の皿(牛の形をしていたり)が乗っているモノ。

ジューッとお肉が焼ける良い匂いがしてきそうな、いわゆるステーキ皿。

最初はソレが欲しかったというのもあり、お値段を調べてみると5,000円ほどしたりするんですよねぇ。

価格的にちょっとお高いかなと。

そんな中、食器・鉄皿としても使える「スキレット」で良いんじゃないかと思い立ちまして。

スキレット鍋15cm(6インチ)/ニトリ

スキレットは色々なブランドが出しているようで、一番有名だと思われるのがアウトドア系でお馴染みのLODGE(ロッジ)。

スキレット鍋15cm(6インチ)/ニトリ
ですが私は、お値段以上で評判がすごく良い「ニトリのスキレット(通称:ニトスキ)」を購入してみました。

ニトリのスキレットは15センチ(498円)と19センチ(799円)の大きさの違う2種類が存在しています。

このお値段の安さは流石に魅力ありますよ。

ちなみに、ニトリのスキレットは生産国「中国製」です。

ニトリスキレットの大きさについて

私の最初の考えとしては大きいサイズの19センチを買おうと思っていました。

実際に2種類のスキレットを店頭で見てみると、確かに直径的なサイズは大きい方が良い感じ。

ただ、その大きさの分フチの高さも結構あり“鉄皿”と言うよりも“鉄鍋”に近いイメージを持ちまして。

フチの高さは例えばハンバーグとかを焼いてナイフとフォークを使う際にも邪魔になりそうな雰囲気。

さらに、その直径19センチのスキレットの大きさならば、既に所持している鉄製フライパン「リバーライト極」とも変わりがないのかなぁと。

店頭で考えに考え抜いて、同じような大きさの鉄モノを二つも持っている必要は無いと結論を出しました。

あくまでも私は“食器”的に使える鉄皿が欲しかったのもあり、結果としては小さいサイズ15センチのニトスキを購入してきましたよ。

一応、私が既に所持している鉄モノは下記になります。

鉄で出来ているスキレットのお手入れ方法

スキレットは何と言っても“鉄”で出来ているところが最大の特徴でしょう。

重さもズッシリと感じますよ。

ニトスキ
裏面もモチロン鉄。

ニトスキ
持ち手部分も含めて全部が鉄で出来ています。

その“鉄”の素材感が上記いくつかの画像で伝わるでしょうか。

また、鉄モノだと日頃のお手入れ(洗い方など)にも気を使わないといけないのです。

使用後に洗い終わったら、水分が残っているとサビてしまうので完全に乾かす為に一旦火にかける。

素材的にも油分が必要な為、洗剤を使わないで洗うなど。

やや手間な部分もあるのですが、こういったお手入れ方法は既に鉄製フライパンで慣れているので大丈夫でしょう。

ということで、実際にこのニトリのスキレットを使って調理してみた『エビのアヒージョをニトスキで!』記事も宜しかったら読んで頂くとして。







-モノのこと

Copyright© そこそこ書くブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.