*

モノのこと

ユニクロジョガーパンツの実着感想!断然サイズ感は大きめが良い

投稿日:

約20年ほど愛用して家ではいていたarena(アリーナ)のジャージが切れてしまいまして。

右側お尻から膝にかけて、真っ直ぐチャイナドレスかって言う位に裂けた感じに。

そうなると部屋着のズボンが一つ無くなる訳なのでコレを機に新調しようかと考えました。

本来こういった部屋着系は、名作ドラマ『最後から二番目の恋(2012年/フジテレビ)』の中井貴一さんの影響もありChampion(チャンピオン)が好きなのです。

『夏場にはチャンピオンのハーフパンツをはいている』と以前のブログ記事でも紹介していますし、長ズボンに関しても同様にスウェットパンツ(リバースウィーブ)を持っています。

ミラノリブジョガーパンツ/UNIQLO(ユニクロ)

ただですね、部屋着としてはそんなにお高いモノを買いたくないという考えもあり、今回はユニクロさんに行くことに。

チャンピオンだと長ズボンのスウェットパンツで(生地にもよりますが)8,000円ほどはしますから。

ミラノリブジョガーパンツ/UNIQLO(ユニクロ)
で、今回ユニクロさんで購入してきたのがコチラ。
『ミラノリブジョガーパンツ』。

定価としては3,000円ほどのモノが特別セールみたいな感じで約2,000円で売られていました。

部屋着なんだからサイズ感は大きめが良い?

裾リブ
裾の部分はこのような感じのリブ状になっていて、実際に試着してみたところ「Mサイズ」が長さなど含めて良い感じでした。

ただ、もも周りがやや窮屈な感じも否めなく、あくまでも今回の目的は家で着ること。

ということは大前提に“ゆったり”と着たいイメージがあります。

ジャストサイズから一つ上だなと判断して「Lサイズ」を購入してきました。

この今回購入したズボンの商品名としては『ミラノリブジョガーパンツ』。

「裾リブでシルエットすっきり&動きやすい!新定番ジョガーパンツ」というウリも書かれていることから、本来はジョギング・ランニングなどの運動シーンでの着用をイメージしているのでしょうか。

そう考えると、着こなし的にはある程度ピタッとしたサイズ感の方が良いかも知れませんが。

スウェットやジャージと言うよりもチノパンみたいな印象も

ミラノリブジョガーパンツ/UNIQLO(ユニクロ)
いわゆるスウェットやジャージと言うよりもチャックやベルトループまで付いていますので、形としては“チノパン”やスラックスみたいな印象も受けました。

ボタン付きポケット
このような感じで後ろ側にボタン付きポケットもありますので、スタイル的によりチノパンみたいな感想です。

素材としては外側の肌触りは意外と厚めのイメージですが、実際に着用してみると薄く軽い感じ。

裏側にボア的なものも付いていないので冬だと寒く感じるかなと思います。

そんな『ミラノリブジョガーパンツ/UNIQLO(ユニクロ)』。
これからよろしくお願い致します。







-モノのこと

Copyright© そこそこ書くブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.