*

焼き鳥を自宅で!安く簡単で美味しいし煙も心配無用

公開日: : 料理

もも肉・ねぎま
突然ですが、皆さん『焼き鳥』は好きですか?

若い頃は野獣のように焼肉(牛)を食べれていましたが、年齢が上がってくるにつれ「う~ん、あんまり」と食べれなくなってきます。

その“牛”の代わりに、私の中で年々ランキングが上がっているのが、そう“鳥”。

つまり焼き鳥ですよ、ヤ・キ・ト・リ。

色々なお店に行ったりもしていますが、横浜だったら「鳥元 西口店」川崎だったら「大葉亭」がオススメで美味しいですかねぇ。

で、基本的には外食・お店で食べる訳ですが、そうなってくると「自宅で焼き鳥ってのもどうなんだろう」と考えるのは至極当然のこと。

自宅で焼き鳥をやってみた

鶏肉、特に胸肉はお安くて使い勝手も良いのでウチでは冷凍庫に常時保管しています。

そしてスーパーに買い物に行った際、まだ残っているのに意識的に間違って又胸肉を買って帰ってくるので、冷凍庫は鶏胸肉でパンパンになっているのです。

だって安いんだもの。
450グラムで225円ほど。

それ、鶏もも肉だと同じ重さで倍のお値段します。

てなわけで、そんな余りがちな鶏胸肉を消化する手段の一つに『焼き鳥』という選択肢もありではないかと。

色々な食材で作ってみました

基本的に味付けは「塩」としています。

トマト・アスパラガスの豚バラスライス巻き

トマト・アスパラガスの豚バラスライス巻き
この「焼きトマト」との出会いはもう15年ほど前でしょうか。

今はもう無い渋谷のとある焼き鳥屋さんで初めてコレを食べた時、衝撃だったことを覚えています。

トマトって火を通す(焼く)と、酸味と甘味がそれぞれ際立って凄く美味しいんですよ。

パスタ系でトマトソースとして使ったりもしますが、そういう炒めた感じではなくて“単品を焼く”ことでトマトそのものを楽しめるので非常にオススメです。

鶏胸肉・シイタケ

鶏胸肉・シイタケ
はい。
出ました、鶏胸。

ちなみに鶏肉には下味を付けてから焼いています。

「酒・塩・醤油・ニンニク」というような材料でタレを作り、しばらく漬けておいてから焼いています。

鶏の胸肉はジューシーさがなくパサつき易いとよく言われますが、タレで下味を付けることで美味しくなりますし、私は逆にそのギュッと締まった食感が好きなので胸肉でじゅうぶん満足です。

ささみ

ささみ
大葉スライスをのせてサッパリと食べました。

梅のペーストなんかもあるとなお良しかも知れません。

ひざ軟骨

ひざ軟骨
焼き方としては、アルミホイルに適当な量を散らばらせ、軽くごま油と塩・黒コショウで味付けをしてから焼きました。

これも美味しかったです。
コリコリした食感を楽しみながら、飽きずに結構な量を食べれちゃいます。

皮・ねぎま・銀杏

皮・ねぎま・銀杏
ちなみに、ねぎまの鶏肉には“もも”を使っています。

そして「皮」。
私が焼き鳥で一番好きな部位であります。

なんでしょう、あの表面のパリパリ感と裏のゼラチン的な食感が好きですし、そのゼラチン的な部分に鶏の旨味を物凄く感じるのは私だけでしょうか。

トマト・ウズラの卵

トマト・ウズラの卵
やっぱりこのウズラの卵って、普通のニワトリの卵よりも美味しく感じるのは私だけでしょうか。

濃厚さが違うと言うか。

ほんの少しの塩加減により、その濃厚さがより際立って美味しいですね。

フィッシュロースターがおすすめ!

今回の焼き鳥は「フィッシュロースター」を使って焼きました。

うちのガステーブルには焼き鳥・串焼きが出来そうなグリルが付いていますが小さめサイズです。

それに比べてフィッシュロースターは横35センチ縦22センチほどの大きさがありますので、一度に12~14本ほどの焼き鳥・串焼きが一気に焼けるのでソレを使いました。

予熱5分後、本焼きとして10分弱で完成です。

で、気になるのが煙や臭いのコト。

フィッシュロースターは煙が出ません。

正確に言うと、煙というか水蒸気みたいなものがチョッチ出てはいますが、臭くはないので問題無いと思われます。

まぁでも、換気扇の近くで焼くにこしたことはないとも思います。

串の焦げ問題について

フィッシュロースターやグリルなんかはヒーターの熱で食材を焼く訳ですから、単純に串を持つ部分(木)も同様に焼かれる訳で。

ですので「串を水に浸けておくと良いよ」なんて聞いたもんですから、そうしましたよ。

がしかし、実際に焼く時には乾燥しちゃってたりするので結局は焦げてしまいますね。

シカーモその場合、串の持つ所が相当熱くなっていますので火傷に注意も必要です。

この串の焦げ問題は、持つ部分にアルミホイルをあらかじめ巻いてから焼くという方法で防げるとか防げないとか。

関連記事

アルーマサラ(ジャガイモのスパイス炒め)

アルーマサラっつう“じゃがいも”のスパイス炒め![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #7】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

青森県産ニンニク

【ニンニク】風邪に効く最強食材!国産と中国産の比較もしてみた

今回のブログ記事の主役は、最強食材『ニンニク』。 ちなみに、こちらは青森県産のニンニクです

記事を読む

タンドーリチキン

タンドリーチキンやわらかっ!理由はヨーグルト?[インドへの道]

数年前から『インド』という国に興味を持ちまして、そのインドの公用語・ヒンディーの本を買ってモロモロと

記事を読む

味付け煮卵(味玉)

うわっ…私の煮卵、美味しすぎ?漬けるだけの簡単レシピなのに

ラーメン屋さんのトッピングでお馴染みの『味付け煮卵(味玉)』。 お店によっても違うと思いま

記事を読む

チキンキエフ

チキンキエフの作り方!開けると出てくるバターソースが超絶旨い

さてさて、毎年クリスマスの時期には意識的に「鶏(チキン)料理」を作って食べるようにしている私。

記事を読む

つくね・タレ味

【美味しいの つくね つくる】タネゆるい問題を解決せよ!

毎度おなじみ「フィッシュロースター(名機・象印EF-VT40)」を使って、『自宅で焼き鳥』なんてのを

記事を読む

パニール

パニールっつうチーズを自家製で!失敗無し超簡単な作り方を[インドへの道]

お久しぶりのインド料理の話。 熱しにくく冷めにくい性格の私は一度ハマってしまうとマイブームが長

記事を読む

スズキのポワレ 白ワイン(ヴァンブラン)ソース

スズキをポワレで!お魚に合う簡単な白ワインソースの作り方

さてさて、ここ最近「ポワレ」づいている私。 そんなフランス料理であるポワレの焼き方に関してもコ

記事を読む

ゴアンプロウン(ゴア風エビカレー)

ゴアンプロウンっつう簡単に言うとエビカレーの作り方![インドへの道]

ワイン好きですが“ボジョレー・ヌーヴォーは一度も飲んだことがない”のと同様に、「自宅でカレー作らない

記事を読む

鶏肉とジャガイモのチーズグラタン

鶏肉とジャガイモのチーズグラタン!作り方は男子ごはん風で

皆さん、見てます? 毎週日曜日11時30分ごろテレビ東京『男子ごはん』。 私はたま~に見る機

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

もちもちれんこんしそつくね(オレンジページのレシピ参考版)
レンコンの皮のむき方&すりおろし方って?鶏つくね作って試してみる

さて、秋の時期が旬の『レンコン』。 私の記憶が確かならば、先日そ

日本酒オブザイヤー2017
【日本酒オブザイヤー2017】俺的には賀茂金秀!雄町米最強説ここに

今年2017年も色々な日本酒を頂きました。 その数37種(1

レザースニーカー SPM-072/SPINGLE MOVE(スピングルムーヴ)
スピングルムーヴのスニーカー!痛い?靴擦れ?まずは履いた感想を

という訳で、自分へのクリスマスプレゼント。 恥ずかしながらのセル

リバースウィーブ ロングスリーブTシャツ/Champion(チャンピオン)
チャンピオンどハマり中!リバースウィーブ長袖Tシャツ買ってみたぞ

なんか今、私の中で空前のチャンピオンブームが来ています。 み

御岳渓谷/東京
御岳渓谷で紅葉ハイキング!沢井駅から2時間かけて秋の遊歩道をゆく

毎年ちゃんと意識的に「紅葉」を楽しもうと思い立って数年。 旅

→もっと見る

PAGE TOP ↑