*

モノのこと

エコな加湿器「ちょこっとオアシス」使ってみた!その効果は?

投稿日:

誰がどう見たって“乾燥肌”でお馴染みの私。

その自覚はあるのですが、まったくケアをしないのですね。

例えば、お風呂上りに保湿効果のある何かしらの液体を塗ることなんかもしません。

塗ったら塗ったで、その使った手を含むベタベタ感がどうも好きじゃないんですよ。

それだったら乾燥していた方が逆に良いじゃないと。

でも、この寒い季節はそういったお肌のケア以外にも乾燥=風邪などのウィルスにも影響しますからねぇ。

約10年ほど前は乾燥ケアをする為にイワユル『加湿器』を使っていました。

無印良品で購入した一般的な電気で動くタイプのやつ。

でもそれも使わなくなり、どこかへと行ってしまいました。

そして先日、新しい加湿器を頂いたので使ってみようと思い立った次第です。

今回のブログ記事ではそんなニュータイプの加湿器を紹介致します。

自然気化式小型携帯加湿器「ちょこっとオアシスプラスシー」/ミクニ

ちょこっとオアシスプラスシー
こんな感じの手のひらサイズの箱に入っております。

chocotto oasis(ちょこっとオアシス)
はい、でました「chocotto oasis(ちょこっとオアシス)」。

そう。
そうなんです。

この加湿器は電動ではないのです。

水を入れて使う、いわばアナログ仕様のエコで省エネな加湿器なのです。

自然気化式小型携帯加湿器「ちょこっとオアシスプラスシー」/ミクニ
上の部分をパカッと開くと、このようにポリエステル的な材質のモノが広がります。

キャップ
キャップも有り。

タンク
反対側(下部分)は水を入れるタンクになっています。

ここまで言うと何となくその使い方は想像できるかと思いますが、その通り。

タンクに水を貯め、その水をポリエステル的なモノが吸い上げて加湿になる訳です。

卓上で使えるエコな加湿器の仕組み

自然気化式小型携帯加湿器「ちょこっとオアシスプラスシー」/ミクニ
実際に水をタンクに入れて、開いてみたところ。

上に広がる緑部分を手で触ってみると確かに湿っていることが分かります。

ここから水分が蒸発することにより、周辺を加湿して潤してくれるという仕組み。

ちなみに、開き具合はフルオープン・中くらい・少しと3段階になっています。

その加減で水分の蒸発率を調節できる感じです。

また、この“緑”が植物をイメージさせているのでしょう。

部屋のインテリア的にも良い感じですね。

加湿を目的とするならば濡れタオルを干せば良いとも思いますが、こちら『ちょこっとオアシスプラスシー』の加湿器の方が単純に見た目が良いですし。

干す場所じゃなく“置く場所”さえあれば使えるので卓上などでも良い感じ。

小型なので仕事中はデスクの上に置いたり、寝る時は寝室の枕元への移動も楽チンです。

「ちょこっとオアシス」のメリットや効果について

パッケージや説明書にも書いてあるのですが、この加湿器『ちょこっとオアシスプラスシー』のオススメなところ。

  • 水を入れるだけ(電気要らず)
  • コンパクトなので何処へでも持って行ける
  • 加湿の効果はコップ一杯の水の10倍以上

実際の使用感としては、枕元へ置いたことにより睡眠中の乾燥が緩和された気がします。

また、効果の持続時間としては、夜寝る前に水を入れて翌日の夕方とかまではタンクに水が残っています。

その間は湿り気もありますので使用環境にもよるでしょうが、ほぼ24時間は効果が持続している感じです。

という訳で、そんな特徴を意識しつつ今後はこの加湿器を使っていこうと思います。

で、“水を入れて使う”ということは、そこにアロマ的なのを追加すれば良い香りをきっと醸し出してくれるのではと。

とも考えましたが、説明書の注意点にアロマオイル液などは使用しないでくださいって書いてありました。

まぁウチにはそんなアロマ的なオシャレなものは元から無いんですけどね。







-モノのこと

Copyright© そこそこ書くブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.