*

大日越(熊野古道)をナメるなよ!歩く距離は短いけど難易度高し

公開日: : 旅行

湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)
その特異性から世界遺産になっている「つぼ湯」のある『湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)』が、今回の和歌山(熊野)旅行の宿泊先です。

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)
そんな熊野地方ですが、やはり『熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)』が見どころと言うか是非とも参拝したいところ。

大斎原・大鳥居
そして熊野本宮大社の近くには「大斎原(おおゆのはら)」という、なんともフォトジェニックを掻き立てられる“大鳥居”がある絶対に外せない撮影スポットがあります。

徒歩で5分ほどの距離ですからセットで行っておいた方が良い場所でしょう。

熊野本宮大社から湯の峰温泉までの『大日越コース』を歩く

熊野本宮大社から宿泊先である湯の峰温泉まではバスなど車でも行けます。

が、せっかく熊野地方を旅行する訳ですから“熊野古道をまったく歩かない”というのもどうかと思いまして。

事前に私が考えておいた旅行ルートは、ここ熊野本宮大社から湯の峰温泉までを繋ぐ熊野古道の一つ『大日越(だいにちごえ)』を歩いて雰囲気を味わいたいと。

で、今回のブログ記事で紹介する『大日越コース』は大斎原から10分ほど歩いた所に入口があります。

大日越コース入口

熊野古道 その一つ大日越コース

熊野古道(くまのこどう)
よく聞く「熊野古道(くまのこどう)」自体は大きく分けると5本のルートが存在しています。

その5本も色々と分岐や区分けをされているので、さらに何本ものウォーキングコースに分けられ名称もそれぞれ付けられています。

今回実際に歩いた、いや正確に言うと“登った”『熊野古道 大日越』は熊野本宮大社と湯の峰温泉とを結ぶコースです。

本来は熊野本宮大社へ参詣する場合、その湯の峰温泉で一息つくと言うか身を清めてから向かうという意味合いもあるよう。

ですが私の場合はその逆。

本日の宿が湯の峰温泉ですので単純な考えから、熊野本宮大社から湯の峰温泉までを繋ぐコースである『大日越』を行ってみようかとプラン立てをした訳です。

がしかし、実際に行ってみたらそんな単純な甘い考えではダメな一筋縄ではいかないコースの熊野古道だったのです・・・

距離は短いけど急勾配な登山道

大斎原から大通りを10分ほど歩くと、上記画像の看板がありましたので右に曲がりました。

大日越コース
「おっ、大日越コースって道路として舗装されてるじゃん」と思う私。

というのも、熊野古道とは言え“現在も一般的に普通に使われている道(車道など含め)もある”との情報も聞いていたので。

そんな気持ちも束の間。

大日越コース登山口
直ぐに大変そうな入口(登山口)が現れます。

上りはじめ、いざ出発です。(14時02分)

それぞれ各経過時間と共に、その一部始終を見よ。

熊野古道・大日越(だいにちごえ)
最初は民家などの横を通りながら進みますが、直ぐこのような急勾配の登山道に変わります。

熊野古道・大日越(だいにちごえ)
歩けど上れど延々と続く上り坂。
完全に木々に囲まれた山道です。(14時21分)

一直線の上り坂ということでもなく、何回も方向転換を繰り返してクネクネと山道を上っていきます。

体力の限界!が何度か訪れまして数回は立ち止まって休憩を入れています。

休憩ポイントとか無いので、山道に直接座ったりしての休憩タイムです。

ブログに文章として書いても大変そうな感じがうまく伝わってなさそうですが結構なキツさ。

そして、この辺りから雨がポツリポツリと。

「う~ん、諦めて引き返した方が良いのかも・・・」という思いが頭をよぎってしまうほど。

雨も影響して予想以上の大変さ

月見ヶ丘神社(つきみがおかじんじゃ)
第一チェックポイントの「月見ヶ丘神社(つきみがおかじんじゃ)」にヘロヘロになりながらも到着。(14時33分)

ここへ着いた頃には雨が本降り、いわゆる狐の嫁入り状態になっています。

不幸中の幸いとでも言いましょうか相当な疲れもありまして、ここ「月見ヶ丘神社」で雨宿り&休憩を1時間ほど取らせて頂きました。

良い感じに雨が止んできましたので後半戦出発。(15時37分)

この辺りまで来ると急激な上りではなくなってきたものの、それなりの上り坂はまだ続きます。

鼻欠地蔵(はなかけじぞう)
歩いていると突然現れる第二チェックポイントの「鼻欠地蔵(はなかけじぞう)」に到着。(15時53分)

岩肌に直接お地蔵様を彫っているということでしょうか。

熊野古道・大日越(だいにちごえ)
ここ「鼻欠地蔵」より先は上り坂ではなくなり、平坦な道やや下り坂へと変わりました。

熊野古道・大日越(だいにちごえ)
と思えば、急激な下り坂になったりも。

雨が降った影響で滑りやすく細心の注意が必要で、もう石段とは言えない道が続きます。(16時07分)

単純に結構な時間を上ってきた訳ですから、その分の結構な時間を下ってきた気がします。

分かれ道
ここで最終的な分かれ道が現れまして、目的地「湯峯王子(湯の峰温泉)」まであと少し。(16時15分)

湯の峰温泉へ到着 所要時間は2時間30分ほど

そして、やっと山道が終りまして開けた場所に出ました。

湯の峰温泉側
その道を振り返って撮影した写真がこちら。(16時20分)

こちら側の湯の峰温泉から熊野本宮大社へ向かうルートの場合は、逆にココがスタート地点ということでしょう。

湯峯王子(ゆのみねおうじ)
大日越コースの最終チェックポイントである「湯峯王子(ゆのみねおうじ)」に到着。(16時23分)

ともあれ私、『熊野古道 大日越』を頑張って制覇しましたよっ。

自分で自分を褒めてあげたいです。

雨宿り休憩(1時間ほど)も含めてですが、都合2時間30分の山道を登山。

コース案内に書いてあった“1時間30分”という目安の所要時間も確かにその通りということでしょう。

でも、実際に歩いてみての感想ですが休憩など考えると2時間は見た方が良いと思います。

服装や荷物とか歩き方をちゃんと考えること

旅行から帰って来まして、振り返りで『熊野古道 大日越』について調べてみると“初級”という難易度になっています。

う~ん。
初級なのかなぁ?

大日越の最大の特徴は急な上り坂でほぼ登山ではないかと。

舗装されている訳でもなく、石や木の根がある登山道。

つまり非常に歩きにくく、その急勾配から延々とずぅっと“もも上げ”運動している感じでした。

大日越コースをそもそも私がナメていた感もあり。

  • 服装としてズボンがジーパン(足が上がりにくい)
  • 旅行カバンとして手提げタイプのトートバッグ(リュックではない)
  • シカーモそれなりに荷物が入っていて結構な重さ
  • そして途中から雨降り

などなどもあって、かなりキツイ“はじめての熊野古道”体験になりました。

少々距離が長く時間がかかろうとも、平坦な道の方が難易度は低いと考えるべきかと。

『大日越』に限ったことではないと思いますが、熊野古道を歩く場合は宿とかコインロッカーなど基点を決めて旅行荷物はそこに置いてからの方が良いかも知れません。

長時間歩くことを想定していない一般的な旅行の服装ではなく、かつハイキングスタイル(無荷物かリュック)であれば大丈夫だった気もしますが日頃の運動不足もあって相当キツイ大変なコースになりました。

でもその疲れて歩いてきた分、湯の峰温泉に到着した時の達成感はハンパなかったですけどね。

関連記事

九州旅行名物料理

九州旅行で私が食べた名物料理を一挙出し~鹿児島・熊本・福岡の夜~

2017年夏。 二泊三日で九州旅行をしています。 旅行プラン概要としては、羽田から鹿

記事を読む

覚円峰

【山梨観光】昇仙峡へバスで!夏の渓谷ハイキングは結構きつい

私は地理や食文化に関する知識をより深めるために『47都道府県制覇』を目的・目標にしている訳ですが、今

記事を読む

草津温泉(群馬県)

草津行ってきた!初観光だからこそ押さえるべきアクセスや温泉のこと

冬の雪降る2月。 日本三名泉の一つ『草津温泉(群馬県)』へ行ってきました。 本当は別

記事を読む

郡上八幡

郡上八幡の観光スポットめぐり!今回は下呂温泉から向かいます

水都『郡上八幡(岐阜県)』。 読み方は「ぐじょうはちまん」です。 色々なメディア

記事を読む

どて丼

柳橋中央市場に潜入!早朝の名古屋めしに「どて丼」を食べる

今回のブログ記事では、私が愛知旅行をした際に主に名古屋で食べた美味しい料理について書いておきたいと思

記事を読む

買ったもの

【益子春の陶器市2015】見どころ満載!私が土産に買ったもの

現在地は栃木県JR宇都宮駅。 何故ってそれは、宇都宮餃子を食べに来たからです。 毎年ゴールデ

記事を読む

白川郷

白川郷をがっかり観光地にしない為に考えるべき旅行プラン案!

世界遺産『岐阜県白川郷』。 何となくテレビなどでよく耳にしていた白川郷へ旅行に行ってきましたの

記事を読む

香嵐渓(こうらんけい)

ライトアップもお馴染み香嵐渓!紅葉の見ごろに観光してきたぞ

行って参りました。 東海随一の紅葉と名高い、愛知県豊田市足助町『香嵐渓(こうらんけい)』。

記事を読む

太宰府天満宮/福岡

太宰府天満宮旅行記!余った観光時間を利用してのチョイ寄るプラン案

2017年夏。 「九州縦断旅行」と銘打ち、各県各箇所を色々と回っております。 旅行プラン

記事を読む

宮ヶ瀬湖畔エリア

宮ヶ瀬から七沢温泉(ZUND BAR)の楽しみ方!あえての日帰りバス行動~♪

私の記憶が確かならば、以前『宮ヶ瀬ダム(神奈川県)旅行記』のブログ記事を書きました。 紅葉や観

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

九州旅行名物料理
九州旅行で私が食べた名物料理を一挙出し~鹿児島・熊本・福岡の夜~

2017年夏。 二泊三日で九州旅行をしています。 旅行

キチントさん ごはん冷凍保存容器 2個入り/クレハ(クレライフ)
ごはん炊かれても!キチント美味しく冷凍保存しなきゃ意味無いでしょ

前回までの「そこそこ書くブログ」。 ここ最近は、作った料理をどう

太宰府天満宮/福岡
太宰府天満宮旅行記!余った観光時間を利用してのチョイ寄るプラン案

2017年夏。 「九州縦断旅行」と銘打ち、各県各箇所を色々と回っ

知覧特攻平和会館/鹿児島
知覧特攻平和会館への旅行ブログ!ランチには郷土料理「とんこつ」を

1年間に最低でも1回は旅行しようと考え始めて早6年。 “ただ

砂蒸し/指宿温泉/鹿児島
砂蒸し体験できるから効果期待できる!知っとくべき指宿温泉の入り方

色々と旅行に行っている私。 基本的には旅行≒名物料理を食べるとい

→もっと見る

PAGE TOP ↑