*

大日越(熊野古道)をナメるなよ!歩く距離は短いけど難易度高し

公開日: : 旅行

湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)
その特異性から世界遺産になっている「つぼ湯」のある『湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)』が、今回の和歌山(熊野)旅行の宿泊先です。

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)
そんな熊野地方ですが、やはり『熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)』が見どころと言うか是非とも参拝したいところ。

大斎原・大鳥居
そして熊野本宮大社の近くには「大斎原(おおゆのはら)」という、なんともフォトジェニックを掻き立てられる“大鳥居”がある絶対に外せない撮影スポットがあります。

徒歩で5分ほどの距離ですからセットで行っておいた方が良い場所でしょう。

熊野本宮大社から湯の峰温泉までの『大日越コース』を歩く

熊野本宮大社から宿泊先である湯の峰温泉まではバスなど車でも行けます。

が、せっかく熊野地方を旅行する訳ですから“熊野古道をまったく歩かない”というのもどうかと思いまして。

事前に私が考えておいた旅行ルートは、ここ熊野本宮大社から湯の峰温泉までを繋ぐ熊野古道の一つ『大日越(だいにちごえ)』を歩いて雰囲気を味わいたいと。

で、今回のブログ記事で紹介する『大日越コース』は大斎原から10分ほど歩いた所に入口があります。

大日越コース入口

熊野古道 その一つ大日越コース

熊野古道(くまのこどう)
よく聞く「熊野古道(くまのこどう)」自体は大きく分けると5本のルートが存在しています。

その5本も色々と分岐や区分けをされているので、さらに何本ものウォーキングコースに分けられ名称もそれぞれ付けられています。

今回実際に歩いた、いや正確に言うと“登った”『熊野古道 大日越』は熊野本宮大社と湯の峰温泉とを結ぶコースです。

本来は熊野本宮大社へ参詣する場合、その湯の峰温泉で一息つくと言うか身を清めてから向かうという意味合いもあるよう。

ですが私の場合はその逆。

本日の宿が湯の峰温泉ですので単純な考えから、熊野本宮大社から湯の峰温泉までを繋ぐコースである『大日越』を行ってみようかとプラン立てをした訳です。

がしかし、実際に行ってみたらそんな単純な甘い考えではダメな一筋縄ではいかないコースの熊野古道だったのです・・・

距離は短いけど急勾配な登山道

大斎原から大通りを10分ほど歩くと、上記画像の看板がありましたので右に曲がりました。

大日越コース
「おっ、大日越コースって道路として舗装されてるじゃん」と思う私。

というのも、熊野古道とは言え“現在も一般的に普通に使われている道(車道など含め)もある”との情報も聞いていたので。

そんな気持ちも束の間。

大日越コース登山口
直ぐに大変そうな入口(登山口)が現れます。

上りはじめ、いざ出発です。(14時02分)

それぞれ各経過時間と共に、その一部始終を見よ。

熊野古道・大日越(だいにちごえ)
最初は民家などの横を通りながら進みますが、直ぐこのような急勾配の登山道に変わります。

熊野古道・大日越(だいにちごえ)
歩けど上れど延々と続く上り坂。
完全に木々に囲まれた山道です。(14時21分)

一直線の上り坂ということでもなく、何回も方向転換を繰り返してクネクネと山道を上っていきます。

体力の限界!が何度か訪れまして数回は立ち止まって休憩を入れています。

休憩ポイントとか無いので、山道に直接座ったりしての休憩タイムです。

ブログに文章として書いても大変そうな感じがうまく伝わってなさそうですが結構なキツさ。

そして、この辺りから雨がポツリポツリと。

「う~ん、諦めて引き返した方が良いのかも・・・」という思いが頭をよぎってしまうほど。

雨も影響して予想以上の大変さ

月見ヶ丘神社(つきみがおかじんじゃ)
第一チェックポイントの「月見ヶ丘神社(つきみがおかじんじゃ)」にヘロヘロになりながらも到着。(14時33分)

ここへ着いた頃には雨が本降り、いわゆる狐の嫁入り状態になっています。

不幸中の幸いとでも言いましょうか相当な疲れもありまして、ここ「月見ヶ丘神社」で雨宿り&休憩を1時間ほど取らせて頂きました。

良い感じに雨が止んできましたので後半戦出発。(15時37分)

この辺りまで来ると急激な上りではなくなってきたものの、それなりの上り坂はまだ続きます。

鼻欠地蔵(はなかけじぞう)
歩いていると突然現れる第二チェックポイントの「鼻欠地蔵(はなかけじぞう)」に到着。(15時53分)

岩肌に直接お地蔵様を彫っているということでしょうか。

熊野古道・大日越(だいにちごえ)
ここ「鼻欠地蔵」より先は上り坂ではなくなり、平坦な道やや下り坂へと変わりました。

熊野古道・大日越(だいにちごえ)
と思えば、急激な下り坂になったりも。

雨が降った影響で滑りやすく細心の注意が必要で、もう石段とは言えない道が続きます。(16時07分)

単純に結構な時間を上ってきた訳ですから、その分の結構な時間を下ってきた気がします。

分かれ道
ここで最終的な分かれ道が現れまして、目的地「湯峯王子(湯の峰温泉)」まであと少し。(16時15分)

湯の峰温泉へ到着 所要時間は2時間30分ほど

そして、やっと山道が終りまして開けた場所に出ました。

湯の峰温泉側
その道を振り返って撮影した写真がこちら。(16時20分)

こちら側の湯の峰温泉から熊野本宮大社へ向かうルートの場合は、逆にココがスタート地点ということでしょう。

湯峯王子(ゆのみねおうじ)
大日越コースの最終チェックポイントである「湯峯王子(ゆのみねおうじ)」に到着。(16時23分)

ともあれ私、『熊野古道 大日越』を頑張って制覇しましたよっ。

自分で自分を褒めてあげたいです。

雨宿り休憩(1時間ほど)も含めてですが、都合2時間30分の山道を登山。

コース案内に書いてあった“1時間30分”という目安の所要時間も確かにその通りということでしょう。

でも、実際に歩いてみての感想ですが休憩など考えると2時間は見た方が良いと思います。

服装や荷物とか歩き方をちゃんと考えること

旅行から帰って来まして、振り返りで『熊野古道 大日越』について調べてみると“初級”という難易度になっています。

う~ん。
初級なのかなぁ?

大日越の最大の特徴は急な上り坂でほぼ登山ではないかと。

舗装されている訳でもなく、石や木の根がある登山道。

つまり非常に歩きにくく、その急勾配から延々とずぅっと“もも上げ”運動している感じでした。

大日越コースをそもそも私がナメていた感もあり。

  • 服装としてズボンがジーパン(足が上がりにくい)
  • 旅行カバンとして手提げタイプのトートバッグ(リュックではない)
  • シカーモそれなりに荷物が入っていて結構な重さ
  • そして途中から雨降り

などなどもあって、かなりキツイ“はじめての熊野古道”体験になりました。

少々距離が長く時間がかかろうとも、平坦な道の方が難易度は低いと考えるべきかと。

『大日越』に限ったことではないと思いますが、熊野古道を歩く場合は宿とかコインロッカーなど基点を決めて旅行荷物はそこに置いてからの方が良いかも知れません。

長時間歩くことを想定していない一般的な旅行の服装ではなく、かつハイキングスタイル(無荷物かリュック)であれば大丈夫だった気もしますが日頃の運動不足もあって相当キツイ大変なコースになりました。

でもその疲れて歩いてきた分、湯の峰温泉に到着した時の達成感はハンパなかったですけどね。

関連記事

香嵐渓(こうらんけい)

ライトアップもお馴染み香嵐渓!紅葉の見ごろに観光してきたぞ

行って参りました。 東海随一の紅葉と名高い、愛知県豊田市足助町『香嵐渓(こうらんけい)』。

記事を読む

うな重(肝吸付)/しらいし

人吉うなぎが超絶うまい!熊本旅行で外せない百聞は一食にしかずの味

2017年夏。 九州旅行で「熊本」に来ております。 旅行の醍醐味の一つ、その土地の名物料

記事を読む

熊野古道・大門坂

大門坂を歩いて那智大社参詣!勝浦から行くには絶好の熊野古道コース

今回の和歌山旅行では「熊野古道を歩く」という目的があります。 いくつかのコースに分かれてい

記事を読む

宮ヶ瀬ダム

宮ヶ瀬ダムで紅葉!だけでなく観光放流も楽しむべき日程プラン案を

皆さんは毎年「紅葉」を意識的に見に行っていますでしょうか。 お恥ずかしい話ですが、正直言い

記事を読む

太宰府天満宮/福岡

太宰府天満宮旅行記!余った観光時間を利用してのチョイ寄るプラン案

2017年夏。 「九州縦断旅行」と銘打ち、各県各箇所を色々と回っております。 旅行プラン

記事を読む

豊礼の湯/わいた温泉郷/熊本

豊礼の湯もインスタ映え?鍋ヶ滝のあとランチ寄るプランどうでしょう

フォトジェニック・インスタ映えする撮影スポットでお馴染み「鍋ヶ滝(熊本県)」。 私も『シャッタ

記事を読む

華厳の滝

【日光観光】華厳の滝へバスで!二荒山神社も忘れないであげて

今回の栃木旅行。 既に私は『日光東照宮・輪王寺』は色々と見させて頂きました。 「日光来たら東

記事を読む

御岳渓谷/東京

御岳渓谷で紅葉ハイキング!沢井駅から2時間かけて秋の遊歩道をゆく

毎年ちゃんと意識的に「紅葉」を楽しもうと思い立って数年。 旅行はもちろん地図を見ることも好

記事を読む

織部長角皿

瀬戸焼を観光がてらゲット!これは良い緑色の織部長角皿ですね

食器集めが趣味の私。 各地へ旅行に行った際には自分へのお土産として、その土地の食器などを買うこ

記事を読む

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)

熊野本宮大社は写真撮影禁止!その神域での参拝は緊張感ありました

さてさて、行って参りました和歌山旅行。 今回のブログ記事は、そんな和歌山旅行『熊野本宮大社

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

→もっと見る

PAGE TOP ↑