*

【山梨観光】甲府駅前でほうとう・鳥もつ煮を!武田神社にも

公開日: : 旅行

今回は旅行のブログ記事。

ちなみに続きモノです。

真夏に汗ダックダクになりながらも上ってきた『昇仙峡の渓谷』の話も宜しかったらヨロシクドウゾ。

覚円峰

名物 ほうとう

そんな訳で、山梨県の郷土料理『ほうとう』を食べに甲府駅まで戻ってきました。

知ってます?
ほうとう。

山梨の名物で、小麦粉から作った麺と幾つかの野菜を味噌で煮たものです。

麺はうどんに似ていますが厳密には違うもののようです。

で、山梨に来たんであればソレを食べるのが普通だと思うのですが、さらに知ってます?
そのほうとうに、つけ麺タイプのものがあることを。

おざら もあるでよ

事前勉強の時点で「暑い時期に正直熱い料理ってのもなぁ」と考えていて、色々と調べてみると、夏用と言うか冷水麺を温かい汁につけて食べる『おざら』という料理があることを知りました。

ほうとう自体は記憶上食べたことがありましたので、今回はその『おざら』を食べようと考えています。

事前に食べログで調べておいたお店「小作」さんに行きましたが、ついさっき停電だかブレーカーが落ちただかで「お料理の提供まで40分ほどかかります」とのこと。

次の予定のバス時刻まで時間があまり無かったこともあり、「それでしたら大丈夫です」とお断り致しましてもう一つ調べておいたお店「奥藤」さんに行くことにしました。

しましたが、お店の場所が分からず右往左往している内に時間がどんどんと無くなってきます。

奥藤本店 甲府駅前店

結果的に「奥藤」さんは「小作」さんよりも駅の近くにありまして、目の前も通っていたくせに見付けられずに、何処をどう探していたのかと自分で自分を懲らしめてやりたい。

奥藤本店 甲府駅前店
そして、お目当ての『おざら』を注文しようとしたら「ウチはやってないんですよ~」と、もう散々。

寒い時期ならば単純に名物ほうとうなんだと思いますが、本日は35度超えの猛暑。

したらやっぱり冷たいモノが良いと思うのですよ。

でも無いなら仕方がないので、ノーマルのほうとうを注文。

ほうとう
ちなみに、説明書が有り、かつ説明を受けた上で自分で調理する方式でした。

自分で調理
う~ん。
自分で作ったからなのか、やっぱりこの夏の暑さのせいなのか、私的にはあんまり・・・。

単純に味が薄めですし、お味噌汁にうどんが入っている感じと言うか。

そういう意味では濃い味ではないので意外とあっさり食べれちゃいます。

山梨と言えば甲府鳥もつ煮も有名

もう一つ注文したのが、ご当地グルメでお馴染み『鳥もつ煮』。

甲府鳥もつ煮
こちらは逆にしっかりとした濃いめの味付けです。

ですので、鳥もつ煮をおかずにしてほうとうを白飯的に食べるとバランスが良いなぁと思いました。

パワースポット 武田神社

食べ終わり会計をサッと済まし、次の目的地『武田神社』へのアクセスはバス。
それに乗る為に甲府駅北口バスターミナルまでダッシュ。

ですが、出発時刻を数分経ってもバスは来ず。

「なんだかゆったりした街・土地柄ですなぁ~」と思いつつ乗車。

到着

パワースポット
10分ほどで到着。

で、元から分かっていたのですが、ほうとうの道迷い事件があり、次の目的地『勝沼ぶどう郷駅』への電車時刻も迫っているのでココ武田神社にはそんなに居られません。

それでもしっかりとお参りしてきました。

っていうか、なんだかんだで今年初のお参りの気がしますので、猛暑の夏の初詣になっちゃいましたよ。

威厳があってかっこよい神社

武田神社
武田神社
なんか気のせいか、ピリッとした空気感も感じますね。

名前からも土地からも分かるようにこの武田神社は、戦国時代の名将・武田信玄公を祭神としています。

そういった戦い・勝負事における勝運や決断などにご利益があるみたいですね。

時間の許す限りモロモロ見させて頂きました。

境内
甲陽武能殿
甲陽武能殿なる所にありました、由緒ありそうな何か↓

由緒
水琴窟
水琴窟もありましたが、残念ながらよく聞こえませんでした。

立派な大木
境内には立派な大木も。

などなどパシャらせて頂き武田神社を後にして、甲府駅までの帰りのバスを待ちます。

電車乗り遅れ

バスを待ちますが、まぁ来ない。

来る時もそうだったのですが、終始点のバス停だったら出発時刻よりも前に来ていて待っていて欲しい。

「なんだかゆったりした街・土地柄ですなぁ~」と思いつつ乗車。

でまぁ当然ながら甲府駅への到着も遅れまして、乗りたかった電車にも乗れずに次の電車まで30分ほど足止め。

でもソレが良い休憩になった感じもするので結果的には良かったのでしょう。

そして次の最終目的地・ワインの試飲のために『勝沼ぶどう郷駅』へ各駅停車で向かいます。

関連記事

ワイン

勝沼ぶどう郷観光でココは外せない!ワイン試飲に行くべき場所

今回は旅行のブログ記事。 ちなみに続きモノです。 真夏の『昇仙峡の渓谷』や『甲府駅で郷土

記事を読む

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)

熊野本宮大社は写真撮影禁止!その神域での参拝は緊張感ありました

さてさて、行って参りました和歌山旅行。 今回のブログ記事は、そんな和歌山旅行『熊野本宮大社

記事を読む

神倉神社(かみくらじんじゃ)

熊野速玉大社&神倉神社も絶対行くべき!急な石段は危険ですけど

今回のブログ記事では、熊野三山と呼ばれる神社の一つ『熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)』などにつ

記事を読む

真名井の滝/高千穂峡

高千穂峡旅行記!滝を撮影するため絶対乗るべきボートの待ち時間など

日本屈指のパワースポット、宮崎県は『高千穂峡(たかちほきょう)』へ行ってきました。 すごく

記事を読む

熊野古道・大日越(だいにちごえ)

大日越(熊野古道)をナメるなよ!歩く距離は短いけど難易度高し

その特異性から世界遺産になっている「つぼ湯」のある『湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)』が、今回の和

記事を読む

香嵐渓(こうらんけい)

ライトアップもお馴染み香嵐渓!紅葉の見ごろに観光してきたぞ

行って参りました。 東海随一の紅葉と名高い、愛知県豊田市足助町『香嵐渓(こうらんけい)』。

記事を読む

華厳の滝

【日光観光】華厳の滝へバスで!二荒山神社も忘れないであげて

今回の栃木旅行。 既に私は『日光東照宮・輪王寺』は色々と見させて頂きました。 「日光来たら東

記事を読む

豊礼の湯/わいた温泉郷/熊本

豊礼の湯もインスタ映え?鍋ヶ滝のあとランチ寄るプランどうでしょう

フォトジェニック・インスタ映えする撮影スポットでお馴染み「鍋ヶ滝(熊本県)」。 私も『シャッタ

記事を読む

横浜観光 山下公園周辺

【横浜観光 山下公園周辺編】シーガーディアンで酔うプラン案

観光地としてお馴染み、港町『横浜』。 いやカッコ良く『横濱』と言うべきでしょうか。

記事を読む

焼き餃子

ハシゴして食べ比べすべし!宇都宮餃子の特徴は薄味なのか?

さてさて今回の栃木旅行。 次なる目的地「JR宇都宮駅」に来ています。 ちなみに、東武

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

→もっと見る

PAGE TOP ↑