*

モノのこと

チャンピオンどハマり中!リバースウィーブ長袖Tシャツ買ってみたぞ

投稿日:

リバースウィーブ ロングスリーブTシャツ/Champion(チャンピオン)
なんか今、私の中で空前のチャンピオンブームが来ています。

みんな大好き『Champion(チャンピオン)』。

アメカジテイストの柄というか前面に文字の入ったTシャツも好きですし、スウェットパンツも良い着用感です。

秋モノ洋服に関する物欲が増していく中で、この度チャンピオンの長袖Tシャツいわゆる「ロンT」を購入しましたのでブログ記事に書きたいと思います。

『スウェットハーフパンツ』については過去記事も宜しかったら読んで頂くとして。

リバースウィーブ ロングスリーブTシャツ/Champion(チャンピオン)

ロンT
色々とチャンピオンの商品が売られている中で半袖Tシャツなども欲しかったのですが、寒くなる時期に向けてという意味合いもあり私は「ロンT」を購入。

秋頃はジャケットの下にも着用できるかと思って。

タグ
ちなみに、襟周り・タグ表示はこんな感じ。

やはりリバースウィーブが良い

商品名にもある通り、「リバースウィーブ」も特徴の一つ。

すごく簡単に言うと生地の使い方・編み方の違いです。

リバースウィーブ
基本的な胴体部の生地は横向きに編むラインあり。

そして脇部分は縦ラインで別生地になっているの分かりますでしょうか。

この繋ぎ合わせ方も特徴的で、一般的なスウェットにはその縦ライン一枚分の生地は無いですよね。

このように特別な編み方をすることにより生地の縮み防止や頑丈な作りになるよう。

チャンピオン商品の中でも、この「リバースウィーブ」製法のモノの方が価格もお高いのです。

裾
また、裾の形状はこの様になっています。

同じ種類の商品でも裾がリブで締まっているタイプのもありました。

その締まっているタイプだと“スポーツ感”が出過ぎちゃうかなと考えて私はストレート形状のこちらを購入。

色はインディゴ・ストーンウォッシュブルー

この特徴的な色も購入の決め手になりました。

通常の一般的なカラー、白・グレー・ネイビーなどとは違った「インディゴ」シリーズ。

デニムみたいな感じもあり、洗うとより風合いが出てくるとかなんとか。

一枚一枚それぞれ色合いが違ってくるというのも貴重感あるなぁと。

これから沢山着て、そして洗って良い味を出していきたいと思います。

また、このチャンピオンに限ったことではありませんが、日本の伝統的な藍染いわゆる「ジャパンブルー」製品も最近気になっているモノです。

胸ロゴじゃなく袖ロゴ

袖ロゴ
お馴染みのChampionロゴマークは左胸には無く、この左袖先にのみ配置されています。

これも良いと思ったことの一つ。

チャンピオンのロゴって胸にあると目立ち過ぎてしまい、これもスポーツ感が出ちゃうなぁと思っています。

でもロゴがどこにも無いというのも嫌なので“袖付”がお気に入りです。

そんな訳で、今回購入したチャンピオンのロングスリーブTシャツ。
末永く使っていきたいと思います。







-モノのこと

Copyright© そこそこ書くブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.